キッチンのシンク下が臭い!臭さを消す技を徹底指南

スポンサードリンク

キッチンのシンクの下を開けた時の

あの何ともいえないプ~ンとした嫌な臭いに悩んでいませんか?

私もシンク下を開けるたびに、

下水のような臭いが気になっていたのですが、

面倒なので何もしないでいたら、

臭いがどんどんひどくなっていったという経験があります。

特に夏場は、毎回ゴキブリが飛び出してくるのではないかと思い、

いつもヒヤヒヤしながら開けていました。

でも、シンク下をきれいにする方法を知り、

やってみたらあの嫌な臭いが嘘のように消えてしまったんです。

それで、今回はみなさんにもシンク下の臭さを消す技をご紹介したいと思います。

シンク下の臭いの原因、

そして対処法と予防策についてまとめました。

シンク下の臭いの原因とは?

キッチンのシンク下の臭いの原因としてまず考えられるのが、

シンク下の排水のためのパイプと床が接続している部分にできた隙間です。

この部分に少しでも隙間があると、

排水溝からの下水の悪臭がシンク下に充満します。

さらに、湿った状態になるので、

カビや雑菌が発生する場合もあります。

これも、臭いの原因です。

まずは、排水パイプに穴が空いていないか、

接続部分に異常がないか確認しましょう。

また、シンク下に醤油・酢・油などの

調味料を置いている方も多いのではないでしょうか?

調味料が瓶や容器についていたり、

床にこぼれていたりするとカビの原因になりますし、

臭い元となってしまいます。

鍋やフライパンなどのキッチン用品を置いている人もいますよね。

これらの調理器についているちょっとした汚れも臭いの原因になります。

そしてさらに悪いことには、

調味料や調理器の臭いに引き寄せられてゴキブリが来ることもあります。

ゴキブリは、私たちが知らないうちに

どこからともなくキッチンにやってきます。

配管パイプと床の間に隙間を通って

下水からシンク下に入ってくることもあれば、

シンク下の他の隙間からやってくることもあります。

ゴキブリの糞を見つけてしまったときはショックですよね。

糞は臭いだけでなく、衛生上大きな問題となってしまいますので

徹底的な対策が必要です。

シンク下の臭いの対処法と予防法とは?

キッチンのシンク下の臭いの原因が、

排水パイプと床の間にできた少しの隙間であれば、

その隙間を埋めましょう。

市販の隙間を埋めるためのスティックやパテを利用すれば、

素人でも修理できます。

パテを使うときは、接続部分を掃除した後、

パテを塗り、乾ききってしまったら手でしっかり押さえて隙間を埋め固定します。

もし、配管パイプの故障がひどく素人では手に負えない、

もしくは水漏れがしているというのであれば、

業者に修理をお願いしましょう。

シンク下にカビを発見したら、

直ちに取り除くことが必要です。

カビはアレルギーや喘息の原因になるので、

ご家族の健康に有害な影響を与えかねません。

カビは、塩素系漂白剤を付けた布か雑巾で拭き取りましょう。

その後、直ぐに戸を閉めず、開けたままにして空気を入れ完全に乾燥させます。

一番大切なのは、普段から臭いが発生しないように予防することです。

湿気がこもらないように、できるだけ頻繁にシンク下を換気します。

物を詰め込んで空気の流れを妨げることのないように気をつけましょう。

市販の除湿剤や重曹を置くと湿気防止や臭い防止に効果があります。

重曹は、容器に200gぐらいを入れてシンク下に置きます。

1、2ヶ月で新しいものと入れ替えれば効果が期待できます。

調味料や食品もできるだけ置かないようにしましょう。

でも、他に保管場所がないというのであれば、

こまめに掃除し、調味料が容器や床に付いたままにならないよう気を配ります。

このようにシンク下の臭いの原因を見つけ、

面倒がらずに対処法と予防法を実行すれば、

あの嫌な臭いから解放され、気持ち良くキッチンを使うことができますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。