頑固な鏡の水垢落としましょう!アルミホイルでらくらくきれいに!

スポンサードリンク

お風呂の鏡の汚れが気になるというということはありませんか?

私もいつもお風呂に入るたびに鏡が汚いなあ、と思っていました。

鏡の水垢って、

普通の浴室用の洗剤やスポンジを使っただけでは落ちないんですよね。

汚れは気になっても、面倒なのでそのままほったらかし、

もしくはもう半分諦めているという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、どの家庭でも実践できる簡単な方法があるんです。

それは、アルミホイルで

水垢をらくらくきれいに落としてしまうという方法です。

「アルミホイルなんかで本当にきれいになるの?」

と思われるかもしれませんが、効果あるんです。

その方法についてご紹介します。

鏡の水垢ってなんで落ちにくいの?

鏡の水垢ってどうしてあんなに頑固なんでしょう?

主に二つの原因があります。

一つは、水に含まれる金属成分がその問題を引き起こしています。

水は時間が経てば蒸発してしまいますが、

マグネシウムやカルシウムなどの金属成分は鏡に残ってしまいます

それらが結晶化してしまい汚れの原因になります。

またケイ素という成分も水に含まれていて、

これは鏡を成している物質と同じなので、

鏡にくっついてしまい、汚れの元となります。

二つ目の原因は、石鹸やシャンプーのカスです。

それらが水の中のミネラルと反応して汚れとなってしまいます。

時間が経過すると、これらの汚れはどんどん頑固になっていきます。

ほったらかしにすればするほど、落ちにくくなってしまうんですね。

ではアルミホイルでどのように撃退できるでしょうか?

アルミホイルで水垢を落とす方法と注意点とは?

まず、アルミホイルを丸めて、

たっぷり水をつけて鏡をこすります

軽くこする程度で大丈夫です。

すると、水垢が黒い汚れとなって出てきます

これは化学反応が起きて、金属イオンが出てくるためです。

もしクエン酸があれば、加えてこすると、より効果があります。

注意点は、あまり強くこすりすぎると、

鏡に傷がついてしまう可能性があるということです。

いきなり鏡全体をこすり始めるのではなく、

まず鏡のはしでこすってみて下さい。

力の入れ方を加減しながら、全体の垢を落としていきます

大切なのは、汚れがひどくなってしまわないように、

普段のお手入れを怠らないことです。

毎回お風呂を使った後、しっかり鏡の水を拭いておきましょう。

そのためには家族全員に協力してもらう必要がありますね。

そうすれば、頑固な水垢ができてしまうのを事前に防ぐことができます。

鏡をピカピカにして、気持ちの良いバスタイムを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。