新しいカーペットに汚れが!その汚れ、重曹で解決できます。

スポンサードリンク

せっかく新しく購入したカーペットにシミが…

そんなシミを落とすのに有効なのが

万能クリーナーともいわれる「重曹」です。

今回は重曹を使ったカーペットのシミの落とし方についてご紹介します。

軽い汚れは重曹におまかせ!

カーペットについてしまったシミ。

小さいシミであれば

カーペットそのものを洗濯するのは面倒と思ってしまいますよね。

カーペットに出来てしまった小さいシミだけを落としたい、

そんな時には重曹を使いましょう。

重曹には様々な効果があり、

洗濯や掃除、料理にも活用できます。

なぜカーペットのシミに重曹が有効なのかというと、

重曹は弱アルカリ性の性質を持っています。

汚れというのは反対の性質を持つ成分と

中和させることで落とすことが出来ます。

カーペットのシミはほとんどが酸性です。

酸性の反対の性質を持つ重曹を使えばきれいに落とすことが出来ます

また重曹には消臭効果もあるので、

見た目だけでなくにおいがあるもので汚してしまっても、

そのにおいまで取り除くことが出来るのです。

軽い汚れであれば重曹だけで簡単に落とすことが出来ます。

気になる汚れの部分に重曹をふりかけ、

ブラシなどを使ってすりこみます。

夜寝る前にここまでやっておき、一晩おきます。

朝起きたらその部分に掃除機を入念にかけるようにします。

これだけで軽い汚れであればきれいに落とすことが出来ます。

とっても簡単ですよね。

重曹は口に入れても問題ない成分のため、

肌に触れるカーペットに使っても問題ありません。

赤ちゃんやペットがいるご家庭も安心してご使用いただけます。

しかし重曹が残っているとカーペットが粉っぽくなってしまうため、

最後の掃除機はしっかりかけるようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg
価格:295円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


頑固な汚れの落とし方!

重曹だけで汚れが落ちない場合は

酸素系漂白剤と併用することで落ちやすくなります。

シミになっている部分に重曹をふりかけなじませます。

その上から酸素系漂白剤をかけ、雑巾をその上に置き抑えます

すると汚れが雑巾にうつり、

カーペットのシミを落とすことが出来ます。

重曹をなじませてから酸素系漂白剤を使用することで

シミの表面にコーティングされている汚れが分解され

漂白剤が奥まで浸透するため、汚れが落ちやすくなるのです。

ただしカーペットの素材によっては

重曹も漂白剤も使用しない方が良い場合もあるので、

使用前に確認が必要です。

重曹を水に溶かしスプレー容器に入れておけば、

汚れた個所などにサッとかけるだけで簡単にお掃除できます。

様々な用途で使えるので常に用意しておくことをおすすめします。

カーペットに出来てしまってシミのわざわざ洗濯しなくても

重曹を使えば簡単に落とすことが出来ます。

お試し頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。