やだ!ここから悪臭が…!排水トラップのにおいを解決します。

スポンサードリンク

悪臭や害虫が排水管からあがってくることを防ぐ役割のある排水トラップ。

でもそんな排水トラップから悪臭が…

何が原因なのでしょうか?

今回は排水トラップの悪臭の原因と対処法をご紹介します。

なぜ排水トラップから悪臭がするの?

排水トラップには水を溜めて

下水のにおいが逆流しないような造りになっています。

しかし長時間使用しなかったり、水流が強すぎたりすると、

溜まっていた水が減って少なくなってしまうことがあります。

この状態を封水切れといいます。

こうなってしまうと逆流してくる下水のにおいを防ぐことが出来ず、

悪臭がしてしまうことがあります。

また洗剤の溶け残りなどがもとで汚れていたり、

菌が繁殖していることも悪臭の原因となります。

他にも排水口や排水管などの部品の劣化によって

においが漏れてしまっているということも考えられます。

排水トラップの悪臭を一網打尽!

封水切れの場合は水がなくなっている、

少なくなっているという状態なので1度水を流してみます

水流が激しすぎると水がとどまらないので

ゆっくり流しいれるようにしましょう。

時間が経っても悪臭が消えない場合は

排水口を分解し、掃除を行います。

排水口の内部には菌が繁殖していることが考えられるので

必ずゴム手袋を装着します。

排水口の掃除には重曹がおススメです。

排水口内の主な汚れはぬめりです。

様々な汚れが排水口や排水管に流れ込み、

それをエサに雑菌が繁殖することでぬめりが生じるのです。

そのぬめりを重曹を使うことでキレイに落とすことが出来るのです。

分解した部品それぞれに重曹をたっぷり振りかけたら

歯ブラシやスポンジなどでこすっていきます

あとは洗い流せば完了です。

重曹には除菌効果もあるので

菌が繁殖しやすい場所に使うのはおすすめです。

排水管の掃除は同じように重曹を使います。

しかし手が届かない場所なのでお酢を併用して使い

重曹と反応させることで汚れを落としていきます。

まず排水管のなかにたっぷりと重曹をふりかけ、

そのあとお酢をかけていきます

お酢を入れていくとシュワシュワと音がし始めるので

聞こえてきたらお酢を入れるのをストップします。

30分~1時間放置したらお湯をかけ重曹とお酢を洗い流します。

こうすることで詰まっていた汚れが分解されぬめりも解消されます。

最後洗い流すためにはぬるま湯を使うことをオススメします。

水や熱湯を使うよりも洗浄力がアップするそうです。

また重曹も少ないとしっかりぬめりが落ち切らないので

多めに使用するようにします。

ここまでしても悪臭が続くようでしたら、

何かしらの部品が壊れていることが考えられます。

ご自身でむやみに分解したりすることはせず、

業者などに修理を頼むようにしましょう。

悪臭が出ないようにするためにも

排水口などは週に2~3回ほどお掃除をするようにしましょう。

重曹を使えば簡単にお掃除できますね。

今回ご紹介した方法も定期的なお掃除の方法として使えますので

お試しいただければ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。