前から気になっていたコーキングのほこり!正しい掃除方法とは?

スポンサードリンク

隙間を埋めるなどの目的で使用されるコーキング

気づくとほこりがすごい溜まっていたなんてことありませんか?

コーキングに溜まったほこりは

どうやったらきれいに掃除することが出来るのでしょうか?

今回はコーキングの正しい掃除方法についてご紹介します。

コーキングのほこり取りに使用する道具は?

コーキングはいつでも柔らかくあるために配合されている

可塑剤(かそざい)というものがコーキングの上に溶け出し、

ベタベタしているような仕上がりになっているため

ほこりなどの汚れが付着しやすくなっています。

コーキングは強く力を加えて掃除などをすると傷んでしまい、

コーキングの役割を果たせなくなってしまいます。

そのため間違った方法で掃除しないように気をつけなくてはいけません。

コーキングの掃除には細かい部分のほこりを簡単に取れて、

尚且つコーキングを傷めることのないアイテムを使って掃除する必要があります。

そこでおすすめのアイテムが綿棒です。

綿棒を使って掃除すると簡単にコーキングに溜まったほこりを

キレイにすることが出来ます。

正しいコーキングの掃除方法とは?

掃除方法はとっても簡単です。

綿棒を軽く濡らし、コーキングの上に溜まったほこりを

滑らせるように絡め取っていきます。

ただの水ではなく消毒などに使うエタノールを使って掃除すると

除菌効果も得られるのでおススメです。

また綿棒ではなくても柔らかい歯ブラシ

メラミンスポンジ(激落ちくん)などでも代用できます。

ただしコーキングにも様々な種類があります。

目的によって使い分けられているのですが、

種類によっては相性の悪い成分や掃除方法などもあります。

掃除前にはしっかり確認してから掃除するようにしましょう。

またどうしてもベタベタしてしまうコーキングの

ベタベタを抑えることできるのです。

その方法とはコーキングがしっかり固まった後に

専用のプライマー(下塗り塗料の総称)を塗布すると

可塑剤がにじむのを防ぐことが出来ます。

他にもご自宅にあるセロハンテープをうまくコーキングの上に貼り

ベタベタを隠しているといった工夫をされているご家庭もあるようです。

こうすれば汚くなったらセロハンテープを変えれば良いのでお掃除も簡単ですね。

ほこりが溜まっていると見た目も悪いのはもちろんですが、

コーキングの劣化にもつながります。

コーキングは隙間を埋めるという大切な役割があります。

その役割をしっかり果たしてもらうためにも

定期的にほこりが溜まらないように掃除をしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。