足の臭さが気になる方へ!靴を脱いでも臭くない対策方法を紹介

スポンサードリンク

自分の足がクサイと感じている方は少なくないと思います。

対処として、毎日石けんで洗ったり、

消臭スプレーを使ったり、

あるいは、会社のオフィスではスリッパのようなものに履き替えたり、

といろいろ試していることでしょう。

それでも、足の臭さはすぐに復活してしまいます。

困ったものですが、どうすれば解決、改善できるのでしょうか。

その悩みに答えたいために、

足のニオイ原因を知ることからはじめ、

日頃の足のメンテナンスについて考えてみたいと思います。

足の臭いの原因となっていたのは足の菌が原因

足のニオイの原因について考えます。

本来、足は無臭です。

足の裏には汗を出す「エクリン腺」が集中しているので、

汗をかき易くなっています。

しかし、エクリン腺から出る汗自体にもニオイはありません。

皮膚や爪の汚れ、

足の皮脂を餌に繁殖した雑菌からの排出物が腐敗することによって、

足のニオイの原因となります。

特に、「白癬菌(はくせんきん)」という常在菌の1種が

悪臭の原因になるようです。

なぜ靴を履くとニオイが加速するのか。

ニオイの原因菌は高温多湿の環境を好みますので、

通気性の悪い靴を長時間履くと、

ニオイを加速されることがあります。

靴下も同じものを1日中履いていると靴よりはまだマシですが、

原因菌は繁殖し易い状態です。

足の納豆のようなニオイの正体は?

原因である常在菌の排出物によって「イソ吉草酸」が発生しているからです。

足は日頃のメンテナンスが大事!

足のニオイの対策は、「イソ吉草酸」をつくらせないように

雑菌の繁殖を抑え込むことです。

その方法として、

・石鹸で洗う方法

・デオドラント剤を利用する方法

・ミョウバン水で殺菌する方法

・重曹で臭いを中和する方法

の4つがあり、それらについて順に説明していきます。

1)石鹸で洗う方法

殺菌成分が含まれている「医薬部外品」として販売されている

固形石鹸を使って、足を洗います。

殺菌成分の例としては、

イソプロピルメチルフェノールや

トリクロロカルバニリドなどがあります。

ポイントは殺菌成分が入っていると言うことです。

2)デオドラント剤を利用する方法

足のニオイ対策の基本は、汗を抑えることと殺菌です。

この2つを簡単に実現してくれるのが、デオドラント商品です。

1)の石鹸に含まれていると更によいです。

おすすめの成分は、

ウコンエキス、

チョウジエキス、

柿渋エキス(カキタンニン)、

緑茶エキス、

ポリフェノールなどです。

3)ミョウバン水で殺菌する方法

ミョウバンには殺菌作用や制汗作用があるので、

足のニオイ対策にはもってこいです。

ミョウバンはスーパーなどで売っている

「焼きミョウバン」を使います。

[ミョウバン水の作り方]

まず、焼きミョウバン20g水500mlをペットボトルに入れます。

そのペットボトルをよく振ります。

白く濁っていたミョウバン水が透明になるまで、

1~3日程度日陰の涼しいところにおいて置きます。

[使い方]

ペットボトルのミョウバン水は原液なので、

水で10倍程度薄めて、スプレーボトルをつくります。

そして、足を洗って清潔にした後、

これを足にスプレーし足を乾かします。

4)重曹で臭いを中和する方法

足のニオイが酷い方は重曹を使うのがよいです。

重曹はドラッグストアや100円ショップなどで購入できます。

弱アルカリ性の重曹と弱酸性のイソ吉草酸の性質を利用して、

中和作用により消臭します。

[使い方]

まず。2リットルのお湯大さじ5杯程度の重曹

3リットル用のペットボトルに入れ、よく振ります。

これを足が浸かる程度の大きさの洗面器に移します。

その中に足を約20分浸けます。

この方法を数日実施すれば、ニオイは消えるでしょう。

後は、石鹸などで日頃のお手入れです。

最後に、足のニオイの原因とその対策方法についてお伝えしましたが、

いかがだったでしょうか。

参考にして、実践あるのみです。

気分のよい足になることを祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。