シーツのおすすめ素材5選!夏を快適に過ごすために

スポンサードリンク

そろそろ夏が近づいてきています。

エアコンをガンガンに効かして

夏を快適に過ごすのもひとつですが、

電気代がかかりすぎると

ひとり暮らしの身には経済的に結構苦しい面があります。

そういう場合は、寝具のシーツを夏用に置き換えて、

できるだけ涼しく快適に過ごすことを考えてみてはどうでしょうか。

その参考となるように、

「吸水性・通気性のあるシーツ」

「ひんやり冷たい感触のシーツ」について、

おすすめ素材を紹介したいと思います。

吸水性・通気性のあるシーツ

吸水性と通気性のあるシーツを選択するならば、

生地はガーゼとリネン(麻)をおすすめします。

それらの特徴を簡単に説明します。

ダブルガーゼ

ガーゼを2枚重ねて部分的に結合しながら

織り込んでできた生地のシーツが、

ダブルガーゼタイプのシーツです。

吸水性と通気性に優れているのが特徴です。

デリケートなお肌の方にも適しており、

吸湿性や放湿性がよいので夏は涼しく、

また、繊維の間の隙間に空気を含むため冬は暖かく保温してくれる、

というオールシーズン快適に過ごせる生地です。

リネン(麻)

リネンは、熱伝導率がよく、

熱を放出し易い性質をもっています。

さらに、睡眠中の汗も優れた吸水性と早い発散性により快適に過ごせます。

また、天然の抗菌・防臭性を持っているので、

衛生的であるのも特徴です。

ひんやり冷たい感触のシーツ

ひんやりと冷たい感触が得られる

シーツというかマットの素材を3つ紹介します。

アイスソルト

睡眠に適した温度は約32℃と言われています。

この素材は身体に触れると

皮膚の表面温度に近い30~32℃を境にして

結晶状の固体から液体に変化します。

液化する時に体温を吸収するという性質を利用して、

心地よく寝苦しい暑さを涼しく快適な睡眠に変えてくれます。

ジェルマットよりも約3倍以上の冷却持続性があるそうです。

アウトラスト

NASAのために開発されたアウトラストの素材も、

温度調整するメカニズムは違いますが

アイスソルトと同様に、

肌の表面温度を常に31~33℃へとコントロールしようとします。

人の肌の表面温度に直接働きかけることで、

快適な環境を作り出そうとします。

ネオクール

ネオクールは、接触冷感素材です。

寝転んですぐに冷たさを感じることができ

暑い夏に心地よい感触を得られます。

業界トップクラスの吸汗速乾効果で、

汗をかく夏も快眠できます。

最後に、以下の素材を

・ダブルガーゼ

・リネン(麻)

・アイスソルト

・アウトラスト

・ネオクール

ご紹介させていただきました。

この情報を参考にしていただき、

値段と使い方を良く考えて自分にあったものを選びましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。