水垢を落とす裏技を紹介!お風呂掃除のプロになろう!

スポンサードリンク

お風呂場の浴槽や鏡、蛇口などに付着している水垢は

頑固で落とすのに非常に苦労している方が多いと同時に、

苦痛に感じている方もおられると思います。

そのような方のために、

ここでは、水垢を落とす成分を考えて、

掃除で気をつけたいポイントをまとめたいと思います。

水垢を落とす成分を知ろう!

水垢を落とす成分を考える前に、

敵である水垢の成分(正体)を知る必要があります。

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが

水分の蒸発の繰り返しによって、鏡や金属などに付着します。

この付着した水垢の成分はアルカリ性です。

これを落とせるのは、酸性洗浄剤になります。

ただし、酸性洗浄剤で落とせる水垢汚れは

「カルシウムスケール」と呼ばれます。

一方、鏡などと同化してしまった

頑固で酸性洗浄剤では落とせない水垢汚れは、

「シリカスケール」と言います。

この酸性洗浄剤では落とせない水垢汚れ

「シリカスケール」を落とすには、

多少傷つくのを覚悟で研磨するか、

茂木和哉さんが2種類のフッ化アンモニウムを混合して開発した

「瞬間水あかークリーナ」を使う方法があります。

したがって、

まず、酸性洗浄剤でカルシウムスケールを落とした後、

それでも落ちない頑固なシリカスケールは、

研磨剤か「瞬間水あかークリーナ」を使うことになります。

4つのポイントに気をつけて掃除しよう!

掃除の仕方を4つのポイントに分けて説明します。

1)アルカリ性の水垢には酸性洗剤を使う

先にもお話しましたが、水垢はアルカリ性ですので、

酸性のクエン酸(やお酢)を使えば効果的に落とせます。

ちょっと酷い汚れの場合は、

ラップやキッチンペーパーなどでパックして

長時間放置した後、水洗いすれば落ちます。

ただし、クエン酸(やお酢)を使う時の注意点として

・塩素系の洗剤などと混ざると有毒ガスが発生すること、

・溶けるので大理石には使わないこと、

・さびるので、鉄製のものには使わないこと、

があります。

2)重曹とクエン酸を使う

前の1)でも落ちない汚れがある場合は、

汚れの部分に重曹を直接ふりかけ、

その上からクエン酸をスプレーします。

泡立ちますが、しばらく放置して置いた後、水洗いをします。

3)研磨剤成分を含んだ歯磨き粉を使う

不要になった歯ブラシや布巾などに歯磨き粉を適量とって擦ります。

4)最終手段を使う

最終手段です。

以上説明した方法でも取れない非常に頑固な汚れは

・ダイヤモンド入り研磨剤

・「瞬間水あかークリーナ」

を使うことになります。

申し訳ないですが、

クリーナーの方は使ったことがないので、説明できません。

研磨剤の方は、できるだけ傷つけないように注意して丁寧に磨くだけです。

最後に、水垢を落とすための技を紹介しました。

参考にしていただき、気持ちのいいお風呂に入りたいですね。

がんばって、お掃除しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。