消毒用エタノールで上手にお掃除!適切な濃度はどれくらい?

スポンサードリンク

家庭の掃除、消毒、カビ対策に

いろいろな箇所に役立つ消毒用エタノールが、

身体に無害なので使い勝手が良いです。

その消毒用エタノールを掃除に便利に使えるように

スプレーの作り方、及び、掃除などに使うときの注意点を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消毒エタノールスプレー(100mL)
価格:410円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


消毒用エタノール入りスプレーの作り方

エタノールはアルコールの一種で、

別名エチルアルコールと言います。

糖蜜やサトウキビなどの糖質と、

トウモロコシ、さつまいもなどのデンプン質を原料とした

発酵アルコールなので、身体に無害です。

したがって、お掃除や除菌などに使われます。

エタノールには以下のように2種類あります。

無水エタノール

純度99.5%以上の濃度の高いタイプです。

揮発性が高く、除菌作用はありません。

ただし、水を混ぜて、消毒用エタノールと同程度の濃度に希釈すれば、

除菌用として使えます。

消毒用エタノール

無水エタノールを水などで濃度76.9~81.4%に希釈したものです。

高い殺菌力なので除菌掃除に最適です。

使用時は薄めないで、ガーゼなどに浸して拭いたり、

そのまま塗擦して使います。

スプレーの作り方はいたって簡単で、

100円ショップなどでアルコール耐性のあるスプレー容器に

消毒用エタノールをそのまま入れれば完成です。

使い方には注意が必要です

身体には無害ですが、アルコールの1種であるため、

使い方にはいくつかの注意点があります。

1)火気は厳禁

先ほどお伝えしたように、

エタノールはアルコールの1種ですので、

引火性があります。火気には十分注意します。

2)使用できない素材

革製品やスチール製品などに使うと、

染みや変色の原因になります。

また、その他の素材でも変色や塗装剥がれなどが起こる可能性があるので、

説明書やメーカーのホームページなどでよく確認します。

3)弱い肌の方は手袋着用で使用

お肌の弱い人は、

お掃除するときにゴム手袋を着用します。

4)飲むこと不可

アルコールの一種ですが飲めません。

特に、小さな子供がいる方は

間違って飲まないように気をつけましょう。

5)ノロウイルスに無効果

インフルエンザウイルスなどには効果がありますが、

ノロウイルスを代表に一部殺菌効果がありません。

その場合は、専用の消毒薬を使います。

最後に、

消毒用エタノールはさまざまなシーンと場所で役立ちます。

スプレー容器を1本作って備えておけば、

お掃除や除菌、カビ対策に使えますのでおすすめです。

ドラッグストアなどで消毒用エタノールを購入して、

ぜひ活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。