意外と豊富なフライパンのサイズ!目的別の選び方とは?

スポンサードリンク

ひとり暮らしを始めるとき、

いろいろなものを揃える必要がありますが、

ひとり暮らしで最も気をつけたいのが健康です。

したがって、衣食住の中で「食」に気を使いたいなら、

自炊することです。

その自炊で結構重宝するのが、フライパンだと思います。

フライパンの種類は多く、

材質だけでも

アルミニウム、鉄、ステンレス、セラミック、チタン、銅

があります。

また、料理の種類によってもフライパンを変えることがあります。

そこで、目的別のフライパンの選び方について考えてみます。

調理しやすい料理で変わる!サイズ毎の選び方とは?

調理しやすい料理別の選び方をここで紹介します。

ただし、サイズ的には丸型の場合、

直径24~28cm程度が使いやすいと思います。

2人分なら24cm

4人分から28cmを目安にしてください。

パスタを絡めるなどのさっと炒めるなら、アルミフライパン

軽くて熱伝導性に優れているため、

レストラでも良く使われているのが、アルミフライパンです。

パスタを絡めたり、一人分の炒め物を作ったり、

サッと炒める料理に適しています。

アルミフライパンはメインのフライパンというより

サブのフライパンと言えます。

ハンバーグやホットケーキなどじっくり火を通す料理なら、スキレット

スキレットは、鋳鉄製で鉄のフライパンと特性が似ています。

厚みがあり重いですが、

優れた保温性を持っているため、

ハンバーグやホットケーキなど

じっくり火を通すような料理に向いています。

万能タイプなら、ステンレスフライパン

炒める、焼く、蒸す、煮るなど万能タイプのフライパンなら、

ステンレスフライパンです。

油ならしも必要なく、お手入れも簡単で長く使えます。

炒め物におすすめの鉄フライパン

強火の調理が可能で油なじみもよいので、

炒め物に適しているのが、鉄のフライパンです。

さびができやすいので、

調理の後、冷めてから水やぬるま湯だけ(洗剤洗いは厳禁)で洗い、

十分に空焚きして水分を飛ばし、

薄く油を敷けばメンテナンス完了です。

正しく使えば、10年以上もつでしょう。

餃子や味噌漬けの魚などを焼くなら、フッ素樹脂加工のフライパン

フッ素樹脂加工のフライパンは、

表面の加工によってくっつきにくいことが最大の特徴です。

強火の調理にはあまり向いていませんが、

餃子や味噌漬けの魚などを焼くと綺麗にできます。

コーティングは基本的に傷つきやすいため、

金属のへらやタワシで擦ったりするのはダメです。

コーティングは剥がれ易いので、

寿命はおよそ1~2年程度です。

卵焼き用のフライパン

卵焼きなら、優れた熱伝導性で隅々まで均一に焼ける

銅製の四角い卵焼き器が良く使われています。

しかし、フッ素樹脂加工や鉄製のフライパンでも

四角い形のものであれば、

くっつきにくいので卵焼きに向いています。

また、卵焼きだけでなく、

お弁当用に少量のウィンナーを炒めたり、

お肉やお魚を焼いたりするのにもジャストサイズだと思います。

一人暮らしには丁度いいフライパンの大きさ

一人暮らしするときのフライパンの大きさと材質について検討します。

まず、フライパンの大きさです。

本当に1人分しか必要なければ、

直径22cmのフライパンでよいです。

しかし、友達などが来たとき、

この大きさでは追いつかない場合があるので、

直径24~26cmのものがあれば役立ちます。

材質は、2年程度の寿命でよいならフッ素樹脂加工のフライパンで、

2年以上使いたいなら鉄製かステンレス製のフライパンを考えた方が良いです。

ここまでは、フライパン1枚で考えましたが、

ベターなのは大きさの違うフライパンをメインとサブで2枚もつことです。

2枚の時は、

メインは鉄製かステンレス製の直径26cmのフライパン

サブは直径22cmのフッ素樹脂加工のフライパンがおすすめです。

最後に、フライパンの選び方についてお伝えしました。

調理する料理や人数などによって、

フライパンの材質や大きさなどが変わることを理解いただけたと思います。

料理に合わせて多種のフライパンをもつのが良いのかもしれませんが、

収納スペースやキッチンの広さなどを考慮すると、

おそらく2~4種類程度のフライパンでよいでしょう。

この記事を参考にしていただき、

自分の生活に合ったフライパンをぜひ探してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。