お気に入りのシャツを長持ちさせたい!黄ばみの原因を突き止め防ごう

スポンサードリンク

お気に入りのシャツがいつの間にか黄ばんでしまい、

がっかりしたという経験はありませんか?

特に襟や首回りの部分は黄ばみやすいですよね。

最近、私も大事にしていた真っ白のシャツを

久しぶりにタンスから出してみたら、

襟に黄ばみが目立つようになっていて、

慌てて洗いました。

残念ながら、通常どおりの洗濯では、

何回洗ってもきれいにならないんですよね。

でも、ちょっとした工夫をするだけで

黄ばみをとることができるんです。

黄ばみの原因を突き止め、対策を講じれば、

お気に入りのシャツを長持ちさせることができますし、

今後も黄ばみに悩まされることはありません。

では、なぜ黄ばみができるのか

どうやって落とすのかについてご説明します。

そもそも、なんで黄ばみって出来るの?

黄ばみの原因は、

皮脂が空気によって酸化した結果できる汚れです。

シャツを脱いでから、長時間そのまま置いておくと、

皮脂の汚れが酸化して黄ばんできます。

特に、仕事で忙しい独身の男性は

こまめに洗濯する時間がないことが多いので、

洗濯物が溜まりやすいですよね。

洗濯は週末だけしかしないという方も多いでしょう。

ですから、いくら忙しくても黄ばみを防ぎたいなら、

シャツだけでも溜め込まずにこまめに洗濯しましょう。

特に夏は要注意です。

汗をかくとすぐに黄ばみになってしまうので、

面倒がらずにせっせと洗濯して下さい。

また、洗濯の仕方に問題があり、

黄ばみの原因を作ってしまうこともあります。

洗濯機の中に洗濯物をたくさん入れ過ぎると、

水や洗剤が全体に行き渡るのを妨げてしまうので、皮

脂の汚れが残ってしまい、黄ばみの原因になります。

それに洗剤の量が少ないと、

しっかりと皮脂の汚れを落とすことができないので、

洗剤はケチらないようにしましょう。

逆に洗剤の量が多すぎると、すすいでも落としきれず、

洗剤が残ってしまう可能性があります。

これも黄ばみの原因になってしまいますので、気をつけて下さいね。

洗剤の適切な量が分からなければ、

容器の表示を確認し、規定の量通りに入れましょう。

液体の洗剤が原因の場合もあります。

液体の洗剤は中性のものが多いですが、

皮脂の汚れは酸性なので、十分に汚れを落としきれないんですね。

それで酸性の汚れに対しては、

アルカリ性である粉の洗剤を使うことをおすすめします。

では、もうすでに黄ばんでしまったシャツは

どうしたらよいのでしょうか?

黄ばんだ物は仕方ない!こうやって落としましょう。

お気に入りの白いシャツが黄ばんでしまったからといって

あきらめる必要はありません!

酸素系の漂白剤を使って、つけ置き洗いをしてみましょう。

もし白いシャツの襟や首回りなどが

部分的に黄ばんでしまった場合、

漂白剤を溶かしたお湯を汚れのあるところだけに塗ります。

そのあとぬるま湯に20分から30分ぐらいつけ置きし、

そのあと通常通り洗濯します。

漂白剤は繊維を傷つけてしまうので、

必要なところだけに使うことにより

シャツを長持ちさせることができます。

全体に汚れが目立つのであれば、

漂白剤を溶かしたお湯にシャツを

丸ごと20分から30分ぐらいつけてから、洗濯します。

色物のシャツの場合もこのようにするとよいでしょう。

どうしても色落ちは避けられないので、

シャツ全体に漂白剤を溶かした液が行き渡るように気を配ります。

もし、この方法でも落ちないのであれば、

先に台所の食器洗い用の洗剤を使う方法もあります。

洗剤を汚れの部分にかけて、歯ブラシで擦ります。

そのあと上に書いた方法で、漂白剤入りの液につけて洗濯します。

このような方法ですでに黄ばんでしまったシャツを復活させることができれば、

買い換える必要もありませんね。

何よりも、着ている自分がさわやかな気持ちになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。