お風呂のエプロンは真っ黒な地獄エリア⁉手強い汚れを掃除する方法

スポンサードリンク

お風呂は、毎日洗って窓を開けて乾燥させ、

更に、壁や天井も丁寧にふいているにもかかわらず、

なぜかカビ臭いと感じることがあると思います。

その原因は、おそらく、

浴槽の外側側面にあるエプロン内部が汚れていたり、

真っ黒なカビなどが発生していたりしているからだと思われます。

一度、浴槽側面のエプロンを外してみてください。

ここでは、浴槽側面のエプロンの外し方

外した後の掃除の仕方について紹介したいと思います。

意外と簡単!外すコツは、上に持ち上げて引き寄せる

エプロンがどこにあるのか

わからない方もおられると思いますので、説明します。

エプロンとは、浴槽の洗い場側の側面についているカバー部分のことです。

このエプロンはすごく簡単に取り外すことができますので、

掃除するときは掃除しやすいように

取り外して掃除してください。

また、取り外しやすいエプロン部分は密閉されていませんので、

隙間からお湯や石鹸カスなどが入り込み、

汚れが溜まり易い構造になっています。

おまけに、乾燥しにくいので、

そのまま掃除しないで放置していると

カビの繁殖地帯になっていることが多いです。

なので、定期的な掃除をおすすめします。

さて、エプロンの取り外し方です。

ほとんどの場合、下から上に持ち上げるようにして

手前に引き寄せるようにしてやると簡単に取り外せます。

中にはねじ止めしているエプロンもあるので、

ねじを外してから取り外してください。

このように若干エプロンの取り外し方に違いがある場合があるので、

取り外す前に取扱説明書で確認してください。

最終兵器キッチンハイター!ゴム手袋と換気は必須!

エプロン部分周りを洗う頻度としては、

年に1~2回程度で十分です。

カビや水アカなどで汚れているので、

キッチンハイターがとても威力を発揮します。

ただし、手につかないようにする「ゴム手袋」は必須アイテムで、

掃除中はお風呂場の窓を開けるなど

ガスを吸わないように十分な喚起を心がけてください。

<掃除の仕方>

(1)取り外したエプロン本体には、

カビや汚れ部分に直接キッチンハイターをふりかけます。

(2)エプロンを取り外した後の浴槽の側面部分は、

キッチンペーパーかテッシュペーパーを貼り付け、

その上からキッチンハイター液のスプレー(←事前に作っておく)でスプレーします。

(3)どちらも、15分程度放置しておきます。

(4)放置後、スポンジなどを使って擦りながら、水で十分に流します。

(5)最後に、仕上げとして、お風呂の洗剤で軽く洗います。

すでに、綺麗になっていれば省略可能です。

最後に、

浴槽の外側側面にあるエプロンの取り外し方からはじめ、

そのエプロン周りをキッチンハイターで掃除する方法を説明しました。

年1~2回程度で結構ですので、

定期的な掃除をするように心がけ、

気持ちよくお風呂に入りたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。