必見!運動なし、食事制限なし、短期間!8時間ダイエット1週間

スポンサードリンク

動きたくない、食事のオーバーコントロールが嫌だ、

さらに、楽にしかも早く結果を出せるダイエットを探していませんか。

それに近い方法が、「8時間ダイエット1週間」です。

このダイエット方法は、

アメリカでDavid Zinczenko氏とPeter Moore氏が発表した方法です。

著者によれば、食べた時間が長いと

食べたものが消化できないで脂肪になってしまうというのです。

少し納得です。

さらに、夜更かししてまた食べると一層消化できない状態になります。

それでは、「8時間ダイエット1週間」の方法などについて紹介していきます。

8時間ダイエット1週間とは?

8時間ダイエットは、とても単純で

「1日の決めた8時間以内に食事をとる」ということだけです。

これだけでは、よくわからないので、

注意点も含めて詳しく説明します。

実践方法

・8時間の開始終了時間を固定

8時間の中で食事し、16時間断食することが重要ですので、

8時間の開始食事時間と終了食事時間をきっちり決めて、

リズムをできるだけ早く作りましょう。

・毎回同じ食事時間

上とも関連しますが、体内時計を整えることが重要なので、

食事時間も毎回同じにした方が効果が上がるといわれています。

注意点

・代謝向上のため、水分を絶対摂取

8時間の食事時間および16時間断食中も、

必ず水分を摂ります。

水分を摂ることで代謝が向上し、痩せやすくなります。

水分量の目安は、1.5~2リットルです。

水分不足によって、便秘になったり、むくんだりします。

但し、水分はノンカロリーのものにすると良いでしょう。

・栄養バランスを考えた食事

栄養バランスを考えてカロリーオーバーにならないようにするのが重要です。

タンパク質や炭水化物などを摂って、脂肪を燃焼しやすくする。

乳製品などを摂り、ホルモンバランスを崩さないようにする。

葉野菜、キノコ、海藻類等を中心に考えるのも良いです。

8時間ダイエット1週間の効果とそのメカニズムとは?

8時間ダイエット1週間の効果

このダイエットの効果としては次のことが期待できます。

・個人差があると思いますが、1週間で3キロ程度体重を減らせる。

・夜更かしがなくなり、十分な睡眠が取れ、

朝型生活になり基礎代謝が上がる。

・16時間の断食は、脂肪の燃焼と脂肪を蓄積しにくくする二つのパワーで、

痩せやすい体質をつくる。

・就寝中は胃を休められる

・便秘が解消できる

8時間ダイエットのメカニズム

私たちの体内にある体内酵素の働きは、

大きく「消化酵素」「代謝酵素」に分けられます。

消化酵素は食物に含まれる三大栄養素を

体内に吸収させるように分子に分解します。

一方、代謝酵素は吸収された栄養分子をエネルギーに変換し

新陳代謝の促進や免疫力の向上などに関係しています。

この2つの酵素は深く関わっています。

すなわち、胃の中に食物が入っていると、

消化酵素を浪費し代謝が悪くなり代謝酵素が減ることになります。

このダイエットでは、16時間断食状態になるので、

空っぽになった胃によって、消化酵素が節約され

代謝酵素が使われ代謝を促進し脂肪を燃焼しやすくします。

最後に、簡単にまとめると

・時間を決めて、8時間食事、16時間断食を守る。

・断食中も含めて水分を1.5~2リットル摂る。

・食事は栄養のバランスを考える

・消化機能と代謝機能を元の状態に戻す

となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。