こんな簡単な方法で痩せるの!?1日1食ダイエットの効果はバツグン!

スポンサードリンク

1日朝昼晩と3食取るのが一般的で

8割程度の方がそうされているというデータがあります。

逆に言うと、1日2食以下が2割程度いるということです。

また、仕事が忙しすぎて、

1日1食しかまともに食事がとれない

というサラリーマンの方も結構おられるかもしれません。

そのため、栄養不足になり、

体調を壊したり、ストレスが溜まったり、ということもあるでしょう。

しかし、少し考え方を変えて、

1日1食を上手に活用する方法を考えてみます。

すなわち、それは「1日1食ダイエット」です。

この方法は、できるだけ多くの品数を用意し、

栄養バランスを考えて摂取しながら、

基本的には好きなだけ食べてもよいというものです。

ここでは、そのダイエット効果と正しいダイエット方法を解説したいと思います。

1日1食ダイエットの効果とは?

食事回数(1日1食)を減らす空腹ダイエット

理論的にどういうメカニズムなのかを簡単に説明します。

一言で言うと「サーチュイン遺伝子を目覚めさせる」のです。

もう少し付け加えると。

「食事量を減らすことにより、サーチュイン遺伝子が活性化すると、

少量の食事からでも栄養を完全に吸収するようになる。

さらに、少ない食事量のため内蔵への負担が軽減され、

サーチュイン遺伝子との相乗効果によって、

健康で若返りが期待できる」ということです。

1日1食ダイエットの具体的な効果をまとめてみると、

・体重が減少すること、

・血中のコレステロール値が下がること、

・内臓を休められること、

・血液を綺麗な状態にでき、ホルモンバランスや自律神経を健全化すること、

・上記のホルモンバランス等の健全化により、

精神的に安定しイライラや不安感が減ること、

・脳が休められるので、リラックスできること、

などです。

さらに、ダイエットとは直接関係ないですが、

食事の回数が1回なので、

今までの2回分の支度や後片付けの時間がなくなり、

自分の時間が多く取れ時間を有効活用できる可能性が広がります。

リバウンドに注意!正しい1日1食ダイエットとは?

1日1食ダイエットは、はじめ方・栄養のとり方・おわり方が

リバウンドを防ぐために重要です。

はじめ方

いきなり1日1食にせず、徐々に身体を慣らします。

最終は、夕食のみが目標です。

まず、朝食を減らすか抜きます。

減らす場合は低いカロリーのジュースなどにしておいて、慣れたら抜きます。

次に、昼食を減らすか抜きます。

これも朝食と同様です。

低カロリーのジュースなどにする前にそばを中継ぎにいれても良いかもしれません。

これで、夕食だけになりますが、

夕食まで何もとらないのでは水分が足りず精神的にも悪く便秘になりやすいです。

なので、1.5~2リットルの水やコーヒーなどの低カロリーの水分を取ってください。

栄養のとり方等

栄養のバランスを考えた上で

食物繊維を中心に献立を考えると良いと思います。

基本的に好きなだけ食べてよいのですが、

やはり摂取カロリー>消費カロリーにならないようにします。

摂取カロリー>消費カロリーだとダイエット効果はありません。

ぜひ、運動を併用するようにしましょう。

運動を併用することで消費カロリーが増えると共に、

筋肉がつき代謝が良くなりますので、

脂肪の燃焼効率が上がります。

おわり方

ダイエットのおわり方ははじめ方の逆の考え方でよいかと思います。

ただし、せっかく習慣化した運動は継続したいですね。

とにかく、無理をせずにダイエット効果をあげましょう。

最後に、簡単に1日1食ダイエットについて、

ポイントをまとめると以下のようになります。

・イッキに1日1食にせず、徐々に身体を空腹に慣れさせる

・水やコーヒーなどのカロリーの低い水分は1.5~2リットルとる

・摂取カロリーより消費カロリーを多くする

・運動を併用する

・ダイエットをやめる時も徐々に身体を元に戻し、できれば運動を継続する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。