みるみる結果がでる!?ジムで痩せる効果的な方法!

スポンサードリンク

スポーツジムに通うにはまずお金がかかります。

お金をかける以上はダイエットの結果を出したいのがあたりまえです。

それでは、ジムでのダイエット効果を最大限引き出すには

どうすればよいのでしょうか。

また、ジムに行くことを決めたとしても、

ジムに通う頻度、運動の種類や順序、運動器具の種類、ジムの雰囲気など

選ぶのにもいろいろ迷うところがあると思います。

そのあたりを考えて、解説していきたいと思います。

ジムでダイエット効果を最大にする方法とは?

スポーツジムに通ってダイエット効果を最大限に活かすには

次の3点をバランスよく実践することです。

・無酸素運動(筋力トレーニング)による基礎代謝量のアップ

・有酸素運動(ウォーキング、ジョギングなど)による脂肪燃焼

・食事コントロールによる摂取カロリー調整

また、大きな運動の順番としては、

有酸素運動→無酸素運動ではなく、

無酸素運動→有酸素運動が効率的です。

さらに、これら3点についてもう少し詳しく説明していきます。

(1)無酸素運動(筋力トレーニング)

ジムにあるマシンを使って、

筋力トレーニングをするわけですが、

ただ闇雲にマシンを使っても効率的ではありません。

回数、強度、順番があります。

-回数の目安

過度な筋力トレーニングは筋肉を減らすこともあるので注意してください。

目安としては、1トレーニング10回で、負荷をかけることを意識して、

戻す時もストンと戻すのではなくゆっくりと戻します。

-強度の目安

10回が限界という負荷(強度)で行います。

トレーナーがいれば、トレーナーに相談します。

-筋力トレーニングの順番

半身→背中→胸→腹筋→腕 の順番で

大きな筋肉から小さな筋肉へとトレーニングすることが重要です。

(2)有酸素運動

有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、エアロバイクなどの運動です。

この時間や強度の目安を紹介します。

-時間の目安

実際に脂肪が燃焼されるまでには多少の時間が必要です

種目別にいうと以下を目安にしてください。

・ウォーキング=30分以上

・ジョギング=30分以上

・エアロバイク=60分以上

-強度の目安

適切な強度を知るために、まずは心拍数を測定してください。

「有酸素運動時の心拍数=安静時の6倍」が目安です。

ジムにあるマシンには必ず心拍数を測定する機能が備わっているので、

計測できるように設定します。

設定方法がわからなければトレーナーに尋ねましょう。

(3)食事のコントロール

ダイエット効果を上げるには、運動だけでなく

食事をある程度コントロールすることも大事です。

大まかにいうと、以下のようなことです。

食べてよい食物は、

ヒレ肉やレバーなどの糖質が低く脂肪の蓄積を抑えるものです。

食べるのを避けた方がよい食物は、

上とは逆でトウモロコシやさつまいもなどの糖質が多く脂肪を蓄積させるものです。

ここでの最後に、通う頻度としては週2回以上だと思います。

ジムの選び方が最重要!?

料金は安い方がよいでしょうが、

長続きするために、通うジムを選ぶには以下の3点が重要だと思います。

場所

平日に行くか休日に行くかによって違いますが、

とにかく通いやすいところがよいです。

設備やサービス

最新の設備かどうか、スタッフなどの対応はよいか。

できれば複数のジムを比較するとよいと思います。

会員の年齢層や雰囲気

見学や体験してみて、自分に合った環境かどうか、

混雑する時間帯は何時か、などです。

最後に、簡単にポイントをまとめると以下となります。

・無酸素運動(筋力トレーニング)の後、有酸素運動を行う。

・ジムは週2回以上通う。

・食事を上手にコントロールする。

「継続は力なり」ですので、気楽に長続きできるように実践したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。