二重あごってヤバくない!早速実行痩せる方法!

スポンサードリンク

男女を問わず、二重あごは気になるものです。

あごを引いて鏡の前に立つと目立ちます。

また、二重あごによって、体重より一層太って見られたり、

老けて見られたりなどされてしまいます。

嫌なものです。

できれば短期間で早急に解消したいと考えることでしょう。

そこで、「二重あごの原因」

「二重あごのダイエット方法とその効果」について紹介します。

二重あごになってしまう原因とは?

二重あごになる原因は5つに分類されます。

1.たるみ

この「たるみ」が二重あごの原因の中で最も多いと言われています。

鏡などで顔の輪郭がぼやけて見えていたら、

たるんでいる証です。

二重あごは、若い時は起こらないですが、

加齢と共にコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが減少し

皮膚がたるんで起こるようです。

また、たるんだ皮膚は重力に引っ張られ、

顔の一番下にある「あご」に集まってきます。

2.むくみ

顔の輪郭がむくんで二重あごになることもあります。

そのむくみの主な原因は、

リンパ腺が二酸化炭素や老廃物などを効率よく外へ排出できずに

余分な水分や老廃物などが溜まるからです。

3.肥満

あごに皮下脂肪が溜まってしまうと、

それがむくみやセルライトになり、二重あごになります。

これも多い原因です。

明らかに、運動不足や食生活の問題によるところが大きいです。

4.筋力低下

顔には目、口、鼻などを動かす表情筋があります。

その中でもあごの辺りにあるオトガイ筋が衰え

皮膚や肉を支えられずにたるんだり、

リンパの流れが悪くなりむくんだりします。

筋力が低下するのは、

「柔らかい物ばかり食べる」

「あまり噛まない」

「普段、表情が豊かでない」

なども一因かもしれません。

5.姿勢や噛み合わせ

パソコンやスマートフォンを使うことが多い方などは、

猫背や前のめりの姿勢によってあごの筋肉の動きが妨げられます。

また、噛みあわせが悪い方も二重あごになることがあります。

二重あごダイエットの方法と効果とは?

ダイエット方法とその効果を解説します。

1.たるみ・むくみ

リンパ腺の流れを改善するためのエクササイズです。

・首の根もとから、あごの下まで、

手の甲でぐるぐると押し上げるように10回さすります。

・手の甲であごの中央から耳の根元まで押し上げるように

左右一緒に10回マッサージします。

・あごの中央から左右の耳の根元まで両手の指で

つまんだり、離したりと細かく繰り返す。10回します。

・手のひら全体をつかって、頬に両手をあてて、

上の方に引っ張り上げるように10回さすります。

2.肥満

食事する時に一口30回以上噛むように心がけましょう。

そうすることで、満腹中枢も刺激され、

食事の量も減り顔の筋力も鍛えられますので、一石二鳥です。

3.筋力低下

表情筋を鍛えるために舌を使ったエクササイズです。

口を閉じていても開いていてもよいので、

口の中で舌を大きく回します。左右10回ずつ繰り返します。

次に、右の口角を右目に近付く感じで引き上げ、

10秒キープします。同様に左も行います。3セットずつ行います。

4.姿勢や噛みあわせ

パソコンやスマートフォンを使っている時は、

良い姿勢になるように気をつけます。

二重あごの原因とその対処法を解説しました。いかがでしたでしょうか。

対処法は日々の努力が必要です。是非がんばりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。