ヨガで肩こりが悪化?間違ったやり方は体が悲鳴をあげて訴えてくる

スポンサードリンク

女性に人気フィットネスのひとつにヨガがあります。

習い事として通ったり、最近ではスマホ向けのヨガアプリもあるので

気軽にできることでますます人気になっています。

理想のプロポーションづくりや肩こりや腰痛の解消のために

試してみたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、ヨガが逆効果になる場合もあるんです!

まちがった姿勢で無理な緊張を与えてしまうと

体に負担がかかってしまいます。

そうならないための気を付ける点をまとめてみました。

実はあるんです。やってはいけないポーズ

長時間のデスクワークなどで

慢性的な肩こりで悩んでいる人は

肩こりに効くポーズはトライしてみたいですよね。

でも、馴れていない人がやると無理に筋肉に力が入り、

逆に肩の筋肉に負担がかかってしまうことも!

気を付けたいポーズをあげてみました。

詳しいポーズの取り方は参考サイトで確認してください。

山のポーズ

すべての基本となる立ち方です。

腹部と太ももを内側に引っ込めるようにして

お尻も引いて背筋を伸ばします。

耳・肩・指先の位置が一直線になるように立ちます。

良い姿勢を取ろうとすると、腰を反らしがちに。

腰に力が入って反ってしまうと、腰痛に、

胸をはって肩を前に出してバランスを取ろうとすると

肩こりにもつながってしまいます。

山のポーズ

URL:http://yogajo.jp/pose/detail/35.html

犬のポーズ

床に手をついて「く」の字を作るポーズ。

力を入れる場所や伸ばす部分がわかっていないと

肩に余計な力が入り、肩こりになってしまうポーズです。

手と足で床を押すようにして、腰を上に押し上げます。

体の重心を肩にかけないようにしましょう。

犬のポーズ

URL:http://yogajo.jp/pose/detail/23.html

牛の顔のポーズ

ヨガの中でも肩こりに効くポーズですが、

肩や首に故障がある場合は禁じられています。

背筋を伸ばし、肩や胸のストレッチに効果があります。

牛の顔のポーズ

URL:http://yogajo.jp/pose/detail/3.html

先生選びも重要

肩こりに効果のあるポーズでも、

力を入れる場所を間違えたり

リラックスしないで筋肉を緊張した状態にすることで

肩こりの悪化につながってしまいます。

独自のやり方をして筋肉を傷めないように

先生から指導してもらうのが良いかもしれません。

また、ポーズだけ教える先生や

どこに効果があるか、どうしたら上達するかなど

細かな指導をしてくれる先生まで様々。

肩こりについての相談や、ポーズについてのアドバイスなど

気持ちよくヨガに取り組めるための

指導をしてくれる先生から教わりたいですね。

良くなる前に、いったん悪化することも

ヨガをやって肩こりが悪化することの原因に

ポーズを間違ったためにいためることがあります。

力の入れ方を間違えて負担をかけてしまうことが原因です。

しかし、きちんと指導してもらったのに

痛みがとれず、悪化したと感じることもあります。

その場合は、凝り固まっていた筋肉を動かしたことによる

筋肉痛の可能性があります。

良くなる前に、一度筋肉痛の痛みが出てしまい、

悪化したと感じることもあるようです。

指導に問題がない場合は、少し様子をみること。

3、4日ほどで痛みがなくなり、

ヨガをする前と比べて肩が軽くなったと感じることも。

きちんと効果が出る前の筋肉痛の可能性も高いです。

まとめ

つらい肩こりで悩んでいる人は

気軽にできるヨガを試してみたいですよね。

でも間違ったポーズの取り方

肩に負担をかけることでさらに悪化させてしまうことが!

きちんと指導してくれる先生から

力の入れ方や呼吸法を学んで

正しいポーズをとることが

ヨガでの肩こり解消の近道です。

しっかり指導を受けたのに痛みがひどいときは

凝り固まった筋肉を動かしたことによる

筋肉痛の可能性も。

少し様子をみて、体が軽くなったら

正しいポーズで効果があったということ。

肩こりを解消するために、きちんとポーズを学んで

体のメンテナンスをしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。