老人ホームの余興は元気にダンスを踊ろう!体も心もリフレッシュ

スポンサードリンク

夏祭りや敬老会、クリスマス会など、老人ホームでは

一年を通して様々なイベントがあります。

そんな時に施設の職員の方は

お年寄りが楽しめる出し物を考えるのは一苦労ですよね。

毎年同じような内容では面白味がないですし

お年寄りに分かりにくいものでは楽しんでもらえません。

せっかくのイベントですから、笑顔になって

楽しい時間を過ごしてもらいたいですよね。

イベントの定番といえばダンスがあります。

本格的なダンスじゃなくても、

座ったまま手を動かしたり、

ちょっとした振りを真似してみるだけなら

お年寄りにも楽しめます。

職員さんや、お年寄りの皆さんにも

楽しく踊れるダンスのアイデアを考えてみました。

普段体を動かす機会が少ない

元気なお年寄りもたくさんいますが、

年を重ねるにつれて体の不具合のある方も

たくさんいらっしゃいます。

そうなると自然に体を動かす機会も減ってきて

運動不足になってしまいます。

無理な動きをしなくても

見て真似してもらえるダンスなら

皆さんに楽しんでもらえそうです。

例えば、足踏みしてリズムをとる動きなら

立ってできる人なら立ってその場で足踏みをしたり、

立てない人も椅子に座ったままでもできます。

また手拍子も楽しいときに自然にでる動きですから

取り入れてもいいですね。

出し物の注意点

老人ホームにいるお年寄りはお元気な人も

いるかもしれませんが、

目が見えにくかったり、耳が遠くなってきている人も

多いと思います。

皆さんに楽しんでもらうことを考えて、

気を付ける点をあげてみました。

・お年寄りの年代にあった内容

・パッと見てわかりやすい

・声を大きく

・説明はゆっくりはっきりと

・動きは大きく

施設の職員の方なら当たり前のことかもしれませんが、

より皆さんに楽しんでもらうためには

改めて気を付けて出し物を考えたいですよね。

ダンスに使える曲目としては

・きよしのズンドコ節(氷川きよし)

・マツケンサンバ(松平健)

・365歩のマーチ(水前寺清子)

・上を向いて歩こう(坂本九)

・幸せなら手をたたこう

・ふるさと

などなど、お年寄りに人気の曲や、

若いころに流行った歌や童謡

動きがつけやすそうなものを挙げてみました。

踊れなくても口ずさめるような懐かしい曲や

手拍子だけでも参加できる曲なら

皆さんが喜んでくれそうです。

また、皆さんで楽しんでもらうために

衣装をそろえてみるのも良いかもしれません。

特別なものじゃなくても、季節に合わせて

お祭りの法被や、クリスマスの帽子など、

お揃いを身に着けるだけでもワクワク感が増しそうです。

職員さんも仮装をして盛り上げてみるのもいいですね。

男性職員さんの女装など、いつもと違う一面が見せることで

親しみを感じて楽しんでくれそうです。

体を動かせば心も体もリフレッシュ

お年寄りが喜んでくれそうな曲目と振付を決めたら、

職員さんが率先して楽しんでしまいましょう。

笑顔で踊っている人を見ているだけでも

つられて笑顔になって楽しい気分になってしまうもの。

きっとお年寄りの方たちも

楽しく体を動かしてくれるはずです。

いつもと違う雰囲気のイベントでダンスすることで

心と体のリフレッシュにもなります。

ダンスがきっかけで会話が弾んだり、

普段運動しないお年寄りが体を動かすことで元気になれたりして、

次のイベントを楽しみにしてくれたら

職員さんも嬉しいですよね。

ダンスはそれぞれの楽しみ方で体を動かすことができて

心も体もリフレッシュできるので余興にピッタリです。

まとめ

老人ホーム内では、一年を通して様々なイベントを

企画しなければならないと思います。

お年寄りの方は体の不具合も人それぞれですから、

全員が楽しめるものを考えるのは難しいもの。

ひとりひとりがそれぞれの楽しみ方のできるダンスは

少しでも体を動かすことでリフレッシュにもつながります。

お年寄りの目線で、なつかしくて親しみが持てて、

わかりやすく一緒に楽しめるものを考えたいですよね。

そして何より職員さんが楽しむことが大切です。

心から楽しんでいることはお年寄りに伝わります。

ダンスを楽しんでもらって

より元気に、リフレッシュしてもらいたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。