新年会で盛り上がるゲーム!全員参加で準備不用ゲーム3選

スポンサードリンク

会社に勤めていると新年会や忘年会などの飲み会が

毎年恒例のようにあります。

その幹事さんは、宴会場所や日程の調整だけでなく、

場を盛り上げるために余興や景品などを考えて

準備しなければなりません。

本当に、ある意味仕事より気を使い悩みのタネです。

余興の中では、ダンス、ゲーム、カラオケなど定番はあります。

その中で全員が参加できて盛り上がるのがゲームです。

おまけに景品がついていたら、より一層盛り上がることでしょう。

ここでは、全員が参加できて

ほとんど準備のいらないゲームを紹介したいと思います。

場を盛り上げるにはゲームが一番

性別も年齢も関係ない老若男女から成り立つ会社の新年会です。

場を盛り上げるための全員参加型のゲームは、

どういったポイントに気をつけて選べばよいのでしょうか。

盛り上がるゲームを見てみると共通点があります。

私が勝手に抽出した3鉄則を紹介します。

鉄則1:簡単なルールのゲームである。

鉄則2:必要最小限の道具でゲームができる。

鉄則3:適度なタイミングで盛り上がるゲームである。

それでは、順にその理由を説明します。

鉄則1は、新年会という飲み会ですので、

当然アルコールの入っている方が多いと考えられます。

つまり、思考能力が落ちていても理解できる

簡単なルールでなければならないわけです。

鉄則2は、幹事さんの準備労力が軽減できること、

そして、参加者に渡すものも

小さなカード程度なので後処理しやすいからです。

準備と片付けに時間を要するのは幹事さんも含め大変です。

鉄則3は、5分以内に結果がでる短時間ゲームなら

最後だけの盛り上がりでもいいでしょうが、

それを超えると最後だけ盛り上がるだけでは、

アルコールが入っているので、途中で飽きられてしまうからです。

飽きられると最悪の事態です。

以上のようなゲーム選択の3鉄則をお話ししました。

このゲームを更に盛り上げたいならば、

景品をつけるとよいでしょう。

誰もが楽しめるゲーム一覧

私が選んだゲームを3つ紹介します。

ビンゴゲーム

新年会だけでなく、

あらゆるパーティーで定番中の定番が「ビンゴゲーム」です。

なぜなら、ビンゴゲームは、

・ルールの説明はほぼ不要であること、

・必要な材料は100円ショップで購入できること、

・老若男女、誰でも楽しめること

のように非常に手軽に、かつ、全員が楽しめるからです。

最近では、必要な材料をホテルなどでは無料で提供してくれるところもあります。

後出しジャンケン

全員がその場で立って参加できるので、簡単にゲームができます。

後出しじゃんけんのやり方を説明します。

1)進行役が前に立ち、すべての参加者はその場に立ちます。

2)進行役がジャンケンの前に

「勝ってください」「負けてください」「アイコにしてください」の条件を言います。

3)「ジャンケン ポン ポン」と2回ポンを言いながらジャンケンをします。

この時、進行役は1回目のポンで出します。

参加者は2回目のポンで先の条件に合った手を出します。

4)先の条件に合わなかった人は座ります。

これを最後の1人あるいは景品の数と同じ人数まで繰り返していきます。

アルコールが入っている方が多いので、

判断能力が落ちているためか、

条件に合わせるのが結構難しく、盛り上がります。

○×クイズ

このゲームも人数に関係なく結構盛り上がります。

ルールは、進行役がクイズを出し、

その他の人たちが○×で答えていきます。

クイズのネタは「会社関連」や「時事ネタ」などでよいと思います。

ご紹介した鉄則とゲームはどうだったでしょうか。

お役にたてたでしょうか。

鉄則を守って、いろいろなゲームを編み出しても面白いかもしれません。

幹事さん、成功を祈ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。