お中元とお歳暮の送りマナーとは?知っていたら失礼はない

スポンサードリンク

現在では、お中元やお歳暮は、

お世話になった方への感謝の気持ちを表した贈り物です。

社会人となると人間関係を良好に保つことが

仕事をする上で重要となってきます。

だからと言って、最近では上司に贈答品を贈るようなことは

ほとんどありません。

冒頭にも書いたように、

本当に感謝の気持ちを伝えたい方へ贈ってください。

今回、「お中元とお歳暮の由来」を紐解いた後、

それらの送る時期を調べてみましたので、参考にしてください。

お中元とお歳暮の由来は?

お中元とお歳暮のルーツは、

中国の道教において祭日とされている三元から由来しています。

三元とは、

上元:旧暦1月15日

中元:旧暦7月15日

下元:旧暦10月15日

をいい、

天の神を祭る日として行事が行われていました。

それが日本に伝わり時代の変遷を経て、

江戸時代に一般大衆へ、そして、全国へ広まりました。

「お中元」は、お盆の時期に祖先の魂にささげる供え物を

実家などに持ち寄ったもので、

また、「お歳暮」は、新年に向けて福を呼び込むために

神様を迎えるにあたり必要なものを親元などに届ける物でした。

それが、現在では、半年に一度のお中元とお歳暮として、

世話になっている方々に感謝の気持ちを伝える

季節の贈り物になっていった訳です。

贈る時期を知っておこう

由来からわかるように、お中元とお歳暮には贈る時期があり、

地方によって若干異なりますので、気をつけます。

お中元の場合

北海道では、7月15日~8月15日

東北・関東では、7月1日~7月15日

東海・関西・近畿・中国・四国では、7月15日~8月15日

九州では、8月初旬~8月15日

が一般的です。

時期を逃してしまった場合、

それ以降立秋(8/7)までは「暑中御見舞い」

更にそれを過ぎてしまうと、「残暑御見舞い」として贈ることはできます。

お歳暮の場合

関東では、12月初旬~12月31日

関西では、12月13日~12月31日

までに贈るのが一般的ですが、

年末は各家庭忙しいので、できれば20日くらいまでがよいです。

年内に間に合わなかった場合、「御年賀」「寒中御見舞い」とします。

いかがだったでしょうか、少しは参考になったでしょうか。

お中元とお歳暮の由来から始まり、

それらの贈る時期についてお伝えしました。

実は、私はお中元やお歳暮を一切やったことがありません。

お世話になって感謝する方がいなかったわけではありませんが、

若気の至りでそういう時期を逸してしまいました。

無理に贈る必要はないですが、

皆さんは私のように後悔しませんように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。