お歳暮はいつ送ればいいの?今更聞けないことを解説

スポンサードリンク

今では、お歳暮と言えば、

日頃からお世話になっている方への感謝の気持ちを表すために、

年末の贈り物を思い浮かべ、

その贈答品を指し示す言葉になっています。

しかし、本来は「歳暮(せいぼ)」は

「歳」の「暮れ」と書かれているように

「年末」を表す言葉として使われていました。

それが、どうして今の形になったのか?

お歳暮の由来から紐解き、そして、送る時期にも触れたいと思います。

何のために送るのか?由来を探る

お歳暮の起源はやはり中国です。

中国では、

上元の1月15日、

中元の7月15日、

下元の10月15日

という天の神を祭る日があったので、

神様のお祭りでお供え物を贈っていました。

日本では、祖先の霊を供養するお盆とまざり、

「お中元」と「お歳暮」へと定着しました。

また、室町時代にお歳暮が始まったとも言われています。

上でも少し書きましたが、

本来、お歳暮は、お正月に先祖の霊をお迎えする

御霊祭りのお供え物として贈られていました。

したがって、その当時のお歳暮は、

塩鮭や数の子、餅などの食料品が主で、

年神様に供える「お神酒」の酒肴でした。

分家の人などが本家や親元に12月31日に贈っていました。

その後、商人が年末に挨拶回りと共に

贈り物を渡していた習慣から広まっていったと言われています。

それが、年の暮れに日頃のお礼と感謝の気持ちを込めて贈る

贈り物としてのお歳暮に定着していきました。

送る時期は12月中旬から

お歳暮を贈る適切な時期は、

本来、12月13日~12月20日までと言われています。

なぜなら、12月13日は正月の準備を始める

「正月事始めの日」にあたり、

また、12月20日は20日以降では

年越し準備などで忙しくなるからと言われています。

しかし、最近では、

百貨店やデパートなどのお歳暮商戦の影響かもしれませんが、

11月末に発送する方も多くなってきているようです。

先にも述べましたように、

12月13日~20日までにお歳暮を送るのが一般的になっています。

しかし、関西と関東では若干時期が異なっており。

関西:12月13日~12月31日、

関東:12月初旬~12月31日、

の間に届くようにすれば問題ないようです。

送り先や贈答品のことを考慮して決めましょう。

最後に

お歳暮は、日ごろお世話になっている方への

感謝の気持ちを込めて贈ります。

そんな日本独特の文化なので、

贈る時期やマナー、贈答品に十分心を配るようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。