色づく紅葉の季節!都内で見ごろの時期はいつ?

スポンサードリンク

美しい紅葉を見るのは、秋の楽しみのひとつです。

紅葉の見ごろは、秋の気温により違ってきます。

秋の気温が低いと早まり、

気温が高いと遅くなります。

関東地方の場合、例年通りなら

11月中旬~12月上旬まで見ることができます。

東京の紅葉ならば、公園や街路樹、渓谷や庭園、

そして夜のライトアップなど種類の豊富さが大きな魅力でしょう。

そんな秋の季節を感じる紅葉が、

東京都内では例年通りなら、

どんな場所でいつ頃が見ごろなのかを探索してみたいと思います。

紅葉を見て季節を感じる

日本には春夏秋冬の四季があり、

各季節により楽しめる景色があります。

その中でも秋の紅葉は、

何となくもの悲しい冬へ向かう入口への

最後の華やかしさを感じさせる景色ではないでしょうか。

地域や気象条件などに左右されますが、

紅葉の見ごろの期間は10日~20日間程度で、

庭園や公園、渓谷などで見ることができます。

紅葉は、緑色の葉と赤色の葉が入り混じるのも美しいですし、

庭の土が落ちた紅葉で赤く染まるのもまた風情があります。

本当に、短い秋を感じさせてくれる紅葉です。

見ごろはいつ?

紅葉情報2017の東京都の紅葉人気ランキング

(https://sp.jorudan.co.jp/leaf/rank_tokyo.html)の

ベスト5から都内の紅葉の見ごろを探ってみます。

明治神宮外苑 11月中旬~12月上旬

テレビや雑誌などに頻繁に取り上げられるスポットで、

約300mにわたり145本のイチョウの木が植えられています。

樹齢100年を超え、

高木の街路樹と青空のコントラストが絵画のように美しいです。

六義園 11月下旬~12月上旬

5代将軍徳川綱吉の側用人であった柳澤吉保により造園され、

約400本のもみじが植えられています。

色鮮やかに染まり息を呑むほど美しい庭園で、

その中でも園内西北に位置する

「水香江(すいこうのえ)」からの眺めは最高です。

高尾山 11月中旬~11月下旬

都心から電車で約1時間で行ける標高599mの高尾山は、

春には桜、初夏には新緑と、

どの季節でも多くの観光客やハイカーが賑わうスポットです。

特に、紅葉は山一面を美しく染めるので格別です。

奥多摩湖 10月中旬~11月中旬

周囲45kmの人造湖で、東京都と山梨県の県境にあります。

湖畔の遊歩道による散策や奥多摩周遊道路からの眺めは、

奥深い山を染め上げる紅葉を楽しめます。

国営昭和記念公園 11月上旬~12月上旬

昭和天皇ご在位50年記念事業の一環として作られた

総面積180haの国営公園です。

園内は水ゾーンや森ゾーンなどに分かれていますが、

池の水に映し出される絵画のような風情は格別の美しさです。

以上のように、東京都内の見ごろ期間は、

早いところで10月中旬から始まり、

遅いところで12月上旬までということになります。

東京都内の紅葉の見ごろ時期について探ってみました。

いかがでしたでしょうか。

参考にしていただければ、ありがたいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。