暖房を上手に使って赤ちゃんを守る!おすすめの使い方

スポンサードリンク

赤ちゃんが誕生すると、

季節によって冷暖房をどうすればよいか悩んでしまいます。

ましてや、初めての赤ちゃんなら尚更です。

春から夏はまだそんなに心配ないと思いますが、

冬の寒さに対する暖房対策は悩むところです。

そこで、今回、赤ちゃんがいるお部屋を

最適温度、最適湿度にするため、

どのようなポイントに気をつければよいかを考え、

伝えていきたいと思います。

体温調整が難しい

新生児期から生後6ヶ月頃までの赤ちゃんを育てるお母さんは、

産院で温度調整をマメにしてあげてくださいと指導されても、

赤ちゃんの過ごすお部屋で

どのように暖房器具を使えばよいのかすごく悩みます。

ある人は、「子供は体温が高いので薄着でよい」というかもしれません。

本来、赤ちゃんはいろいろな意味で未熟で

体温調整をうまくできないため、

外気温度に影響され体温が上がったり下がったりします。

したがって、寒い冬の時期には暖房器具を上手に使って、

室温を快適な温度に維持することが重要です。

更に、視床下部にある体温調整中枢が未熟な新生児期では、

寒気にさらされるとすぐに低体温になってしまいます。

体温調整機能は年齢を重ねるごとに

徐々に発達していきます。

しかし、乳幼児期まではその調整機能がまだまだ未発達なので、

2歳頃までお部屋の温度や着る服を調節しながら

体温を確認してください。

加湿器を使って湿度調整をしよう

寒い冬は赤ちゃんのお部屋にも

暖房器具を備えてください。

しかし、寒い冬場はただでさえ乾燥しやすいのに、

暖房器具を使うことで更に乾燥が助長され、

部屋の環境が悪くなります。

赤ちゃんのお部屋に暖房を使う場合、

特に空調管理に気を配ると良いでしょう。

冬場の最適室温は21℃~23℃

赤ちゃんが過ごすお部屋の最適温度

21℃~23℃くらいがよいとされています。

冬の時期は部屋の温度で体が冷えてしまわないように

できる限り20℃を下回らないように気をつけます。

冬場の最適湿度は40%~60%

温度を気をつけているだけではいけません。

冬場は乾燥しやすいですし、

更に暖房することによって乾燥が進みます。

乾燥するとウィルスなどが舞いやすい環境になるため、

加湿器をかけたり、

濡れたタオルを部屋に干したりなどすることで

お部屋の湿度を40%~60%に保つように工夫します。

赤ちゃんのお部屋を上記のような最適室温・湿度を維持するためには、

温湿度計を赤ちゃんのお部屋に設置してあげて

上手に活用するようにすればよいと思います。

最後に、簡単にまとめると

・暖房器具は使いましょう

・赤ちゃんのお部屋の最適温度・湿度は21℃~23℃、40%~60%です

・赤ちゃんのお部屋に温湿度計を活用しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。