暖房の省エネには温度設定が肝!?温度設定でどのくらい省エネになるの?

スポンサードリンク

寒ーい季節、お部屋を暖めるために

エアコンは必需品ですよね。

お家の中は暖かく、快適に過ごしたいものですが

寒いと感じたらついつい設定温度を上げてしまいがち。

でも、温度を上げたら電気代が高くなりそう…。

快適な温度や、省エネのための温度は

どれくらいなんだろうって疑問に思ったことありませんか?

寒い季節を快適に過ごす温度や、

省エネの暖房器具についても調べてみました。

電気代・灯油代など抑えられるものは抑えたい

どこの家庭にもある暖房器具といえばエアコン。

電気を使うものなら、他にもこたつやホットカーペット、

電気ストーブなどがあります。

他に、灯油やガスを使う暖房器具には

石油ストーブや石油ファンヒーター、

ガスファンヒーターなどがあります。

お家の中は暖かくしたいけれど

電気代や燃料代は、できれば安く抑えたいですよね。

暖房器具にかかる電気代や燃料代、

効率的な使い方はあるのでしょうか。

エアコンで節電

代表的な暖房器具、エアコンの基本的な使い方は、

暖房は自動運転モード、風向きは下にすることです。

下向きにする理由は、冷たい空気が下にたまりやすく、

暖かい空気が上にたまりやすいからです。

でも、風向きを下にしても、どうしても暖かい空気は

上に流れてしまいます。

これでは足元が寒く、温まった感じがしませんよね。

上だけ温まることを解消するためには

サーキュレーターや、扇風機を使用します。

風向きを上向きにすると、上にたまった暖かい空気が

下に循環し、冷たい空気が下にたまりません。

また、自動運転にした方が、

実は電力を消費しない、つまり電気代が安くなるんです!

エアコンは、室内の温度を設定温度にするまでは

多くの電力を消費してしまいますが、

設定温度になった後はほとんど電力を消費しません。

自動運転は室温が設定温度になるまでは強風、

設定温度になってしまえば微風になるので

電力を抑える効率的な運転といえます。

暖房器具を併用する

環境省は、冬の暖房時の室温の目安は20℃を推奨しています。

そして暖房時の温度設定を1℃低くすると、

約10%の消費電力削減になるそうです。

でも、エアコンの温度を下げたら寒く感じてしまいますよね。

そんな時はエアコンより電気代が安い暖房器具を

併用することで暖かさを保つことができます。

足元を暖めるこたつホットカーペット

意外と電気代がかからない暖房器具です。

体が直に温まるので体感温度も高く感じます。

ライフスタイルに合わせて、使ってみるのも良いですね。

ガスや石油を使う暖房器具は?

石油ストーブや石油ファンヒーター、

ガスファンヒーターは寒い地方では主力の暖房器具。

エアコンよりお部屋を暖めるパワーがあります。

石油とガスのファンヒーターは燃料プラス電気代もかかってきますが

石油ストーブは燃料代のみ

電気代(燃料代)が安い順番としては

電気 > 灯油 > ガス と考えられています。

住環境などによっても変わってきますが

暖かさと電気代(燃料代)のどちらを重視するかによって

暖房器具を選んでもよいでしょう。

温度設定でどのくらい節電できる?

環境省は、冬の暖房時の室温の目安は20℃を推奨しています。

そして暖房時の温度設定を1℃低くすると、

約10%の消費電力削減になり、その分電気代を節約することができます。

でも室内温度20度でも寒いと感じる人も多いのではないでしょうか。

節電のためになるといっても、温度をこれ以上下げるのは

快適とはいえないですよね。

室内温度20度に保ちながら暖かく過ごすには、

湿度を上げる方法があります。

湿度が上がることで体感温度も上がります。

湿度と体感温度

例えば、まだ湿度が高くない5月に気温30℃になったとしても

それほど暑さは感じませんが、

湿度が高い8月の30℃は、ムシムシとすごく暑く感じますよね。

湿度30%の時と湿度70%の時では

体感温度が5℃近くも変わってくるそうです。

湿度を上げるには加湿器を使ったり、

洗濯物の部屋干しなどが手軽です。

加湿器の電気代は、機種にもよりますがそれほど高くありません。

エアコンの温度を高くするより、

空気の乾燥も防ぐ効果もある加湿器の使用がおすすめです。

まとめ

冬の暖房時の室温は20℃を目安に、1℃低くすると

約10%の消費電力削減につながることがわかりました。

20℃といっても、湿度によって体感温度が違ってきますから

暖かく感じるためにはお部屋の湿度を上げることも大切です。

エアコン以外にも、石油やガスファンヒーターなどの

暖房能力が高い暖房器具がありますし、

こたつやホットカーペットの併用など、

ライフスタイルに合わせて暖房器具を選ぶことができます。

暖房器具の利用を最低限に抑えるために

他にも、ドアやふすまを閉めて暖房範囲を小さくしたり、

普段より一枚多く羽織ったり、衣類で調節して工夫できます。

省エネで、お得で快適に、寒い季節を暖かく過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。