柔軟剤マニアの私が選ぶ、仕上がりふわふわのおすすめ商品ベスト5

スポンサードリンク

家族の着る服をふわふわに洗濯してあげたい

と思っているお母さんはたくさんおられることと思います。

それを実現してくれるであろう柔軟剤の商品は、

ファーファ/レノア/ソフラン/フレアなど

国内の人気メーカーだけでも多種多様で多くのものが販売されています。

その中で、

お母さん方が満足を得られるふわふわ感になる柔軟剤を選択するのは

至難の業と言っても過言ではないでしょう。

ということで、今回、何かの参考になればと、

柔軟剤の選び方、独断と偏見を交えたベスト5などについて書いてみました。

ものは値段ほど?果たして真相やいかに…

値段がよければ、柔軟剤の性能も良いのかどうかは一概には言えません。

そこで、柔軟剤をどういう観点で選択すればよいか

5つのポイントで説明します。

肌に合っているのは?

柔軟剤の本筋のふわふわ感を大事にしつつ、

肌に優しい柔軟剤を選びます。

動物性の成分なのか植物性の成分なのかを

しっかり見極めてください。

いろいろ試しても合うものが見つからなければ、

やはり医者に相談すべきだと思います。

好きな香りは?

市販の柔軟剤では、

花の香り「フローラル系」、

果物の香り「フルーティー系」、

アロマの香り「アロマ系」、

森の香り「グリーン系」

などなど多種あります。

一般的には、「フローラル系」か「グリーン系」が無難なようです。

まぁ~、こればっかりは好みですので、

自分やご家庭に合ったものを選びましょう、ということになります。

抗菌効果は?

外に干して日光をしっかり浴びて乾いた洗濯物ならば、

紫外線などで抗菌されているので問題ないです。

しかし、天気が良くなくて室内干しせざるを得ない場合

どうしても雑菌が気になるので、

抗菌効果のある柔軟剤を選ぶべきでしょう。

消臭効果は?

室内干し時の臭いだけでなく、

タバコや汗の臭いなどの生活臭が衣類について気になる場合、

消臭効果のある柔軟剤を選んでおくと良いです。

静電気防止は?

花粉、ホコリなどを気にする方は、

静電気防止効果の高い柔軟剤を洗濯してください。

また、衣類の繊維を傷めにくくなるというメリットもあります。

以上のポイントをすべて満たす必要はないかもしれませんので、

家族に最適な柔軟剤を探してください。

着る瞬間の幸せ。お好みの香りを選ぶのも大事!

私の独断と偏見によって選んだベスト5を紹介したいと思います。

ただし、紹介している順番はランク順ではありません。

NSファーファ・ジャパン ファーファファインフレグランス

ふわふわ感とムスク系の香りが楽しめます。

クマのぬいぐるみがトレードマークでお馴染みの「ファーファ」の、

香るフレグランスシリーズです。

ムスクの香りなので男性の衣類にも利用できます。

ちなみに、我が家はふわふわ感を気に入っています。

P&G レノアオードリュクス

香りに強いこだわりをもった柔軟剤で、

世界的な調香師が監修し、

まるで香水のような高級感あるものに仕上がっています。

ただし、強烈な香りではなく、

非常に上品で甘く爽やかに香ります。

なので、寝具などに使いやすいという評判もあります。

香りだけではありません。

当然、柔軟剤本来の役目である、

柔らかく仕上げるということも十分に達成しています。

パネス ランドリン・クラシックフローラル

ランドリンシリーズの中でも一番人気の

優しく上品なフローラ系の香りで、

かつ、洗練された商品パッケージが特徴です。

吸水性に優れ、

オーガニックエキス配合により赤ちゃんの肌に優しく、

花粉の吸着に優れ、

さらに、部屋干しも可能など多様なこだわりを持っています。

ライオン 香りとデオドラントのソフラン

優れた消臭技術をベースとした柔軟剤で、

衣類の汗臭や体臭をしっかりと消してくれます。

天然アロマオイルの配合によって

落ち着いた香りが広がると同時に、

ニット素材なども肌触りよくふわふわに仕上げてくれます。

お値段も手ごろですし、

香りも含め家庭の全員に好まれる柔軟剤になるかもしれません。

花王 フレアフレグランス ジェントルブーケの香り

従来の汗と水分に反応する香りセンサーから、

新たに汗と体温に反応する香りセンサーへと進化しています。

また、気になる汗臭を軽減するなど、

消臭効果の性能が一層向上しています。

香りセンサーが華やかな香りを生み出し

1日中良い香りが維持できるだけでなく、

静電気防止により洗濯シワを防いでくれます。

最後に、余談ですが、

香りの良い柔軟剤を消臭スプレーとして利用してる方もおられるようです。

水と柔軟剤の配合は、

柔軟剤/水=1/10~1/20で混ぜれば作れます。

作る量のポイントは、水で薄めることで防腐効果がなくなるので、

使いきれる分だけにすることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。