頑固な油も一撃!換気扇のファンの掃除を超簡単にしてくれる道具とは

スポンサードリンク

お料理は毎日と言ってよいくらいしていますし、

同時にガスコンロやIHコンロも使っていると思います。

となると、当然、キッチンの換気扇も使っていることになります。

それでは、その換気扇をお掃除していますか。

もし長い間掃除していなければ、

キッチンの換気扇は、油汚れやホコリなどでギットギット状態で

頑固でシツコイ汚れになっているでしょう。

それらの油汚れは酸性ですので、

アルカリ性の洗剤が有効となります。

その洗剤や洗い方について考えていきたいと思います。

決め手は浸け置き洗い!頼もしいマストアイテムとは…⁉

換気扇はギットギットの油とホコリが入り混じった

頑固で取れにくい汚れになっています。

その汚れを取りために、準備するものとお掃除の仕方について説明します。

準備するもの

重曹やセスキ炭酸ソーダ:

100円ショップで調達できる洗剤です。

セスキ炭酸ソーダがおすすめです。

新聞紙:

床を汚れから防ぐためや乾かす時の置き場所のために使います。

キッチンペーパー:

どの家庭にもあるもので結構です。

ゴム手袋:

アルカリ性の洗剤を扱うので手荒れ防止のためです。

ゴミ袋(45L以上):

洗う対象物と洗剤を入れるためです。

タオル:

汚れを拭き取るので使い古しでOKです。

ブラシ:

浸け置きしてとりきれない汚れをブラッシングするためです。

古い歯ブラシでOKです。

ダンボール箱:

バケツ代わりにするので、

シンクに合った適当なサイズのものを用意します。

40℃程度のお湯:

洗剤の威力を増すためです。

お掃除の仕方

▼事前の段取り

・床を含めた換気扇周辺が汚れないように新聞紙をひく。

・シンクの排水口に近い側のダンボールの角を

排水用に穴を開けておき、ゴミ袋をセットする。

▼浸け置き洗い

・換気扇を分解するため、

電源プラグかブレーカーを落としておく。

・メーカーの説明書に従って、換気扇をできるだけ分解する。

・ゴミ袋付ダンボールに、

洗う対象物が浸かる量のお湯と洗剤(重曹かセスキ)を入れる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg
価格:295円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


・分解した換気扇のファンやフィルターなどをつけ、

そのまま一晩放置する。

・翌日、排水口近くのゴミ袋をはさみで切り、排水する。

・残っている汚れを水で洗い流しながらブラシでブラッシングする。

・乾かすように新聞紙をひき、十分に乾かす。

ついでにスプレーも作っちゃおう

毎日の掃除に使えるように、

スプレーを作っておきましょう。

スプレーは100円ショップで調達可能です。

重曹スプレーの場合、

水200mlに対して重曹小さじ2杯を加え、

混ぜるだけです。

セスキ炭酸ソーダスプレーの場合、

水200mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1/2杯程度を加え、

混ぜるだけです。

最後に、

タイトルは換気扇のファンだけのようになっていますが、

換気扇の場合、そんなわけにはいきませんので、

どうしても換気扇全体になってしまいました。

そのあたりはご容赦ください。

しかし、お役に立てていただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。