夏の快眠には寝具が決め手!?寝具選びのコツ

スポンサードリンク

最近の日本の夏は、猛暑日が多い傾向にあり、

とにかく寝苦しい日が続いているように感じます。

エアコンを上手に使って乗り切っている方もおられると思います。

しかし、エアコンに頼りすぎると

体調を崩して夏風邪にかかったりする可能性もありますし、

体温調整を上手くできなくなったりすることもあります。

そこで、エアコンは適宜使うとしても、

ちょっと視点を変えて、

掛け布団や枕などの寝具を見直すことによって、

布団の中の体感温度や湿度を快眠に適した環境に変化させる方法を考えてみましょう。

夏の寝苦しさは寝具で解決?

まず、掛け布団を考えていきましょう。

夏はタオルケットを掛けて寝ている方が多いのではないでしょうか。

しかし、タオルケットよりも肌かけ布団の方が夏に最適です。

どうしてか?

最高気温30℃以上の真夏日でも、

朝方になると気温が20℃程度まで下がることがあります。

タオルケットは寝返りをうつたびに

身体にまとわりついてきて、

冷えてほしくないところが冷えるなどで

夏風邪にかかってしまうこともあります。

確かにタオルケットのいい面もありますが、

タオルケットは湿気を溜めやすく、

洗濯してもなかなか乾かなかったりと

扱いにくい面があると同時に、

寝ている間に熱がこもりやすいために

夜中に目覚める原因にもなります。

次に、涼しくするための寝具として考えられるのが、シーツです。

ここ最近、「接触冷感」を売りにした敷き寝具が人気を集めていますが、

日本の夏は高温・多湿なため、

このタイプの敷き寝具は湿度を逃がしにくいので適していません。

従って、水分をすばやく吸い取って、

寝床より外部に逃がす能力が高い、

シーツの素材を選択することになります。

快眠に最適な寝具を選ぼう

前の項で、夏の快眠のためには

『掛け布団』『シーツ』が重要

ということをお伝えしました。

それでは、具体的にどのような素材のものがよいのかを説明します。

掛け布団

肌掛け布団の中味の素材の選択肢として、

羽毛と合繊があります。

ベストな素材は、やはり羽毛の肌掛け布団です。

これは、軽くて押しつけ感もなく、

吸湿性と放湿性に優れていて体感温度上昇を抑えてくれます

羽毛は価格が高いという印象がありますが、

肌掛け布団なら手ごろだと思います。

それでも、手が届きそうになければ、

最近の合繊製肌掛け布団も羽毛に近い製品が出てきていますので、

吸湿性や放湿性をよく確かめて選択すれば問題ないでしょう。

懐と相談しましょう。

シーツ

シーツの素材でベストなのは、

麻の一種である『リネン』です。

リネンは、肌触りがよく、

通気性・吸湿性・発散性に優れていて最適です。

通気性はコットンの4倍優れているとも言われています。

肌触りで劣りますが、

合繊素材も掛け布団と同様に選択肢のひとつでしょう。

最後に、簡単にまとめると

・夏の寝具を見直すなら、肌掛け布団とシーツです

肌掛け布団のベスト素材は、羽毛です

シーツのベスト素材は、リネンです

となります。ご参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。