夏にはタオルケットより掛け布団が涼しい!?その理由とは

スポンサードリンク

近頃の夏は、ムンムン、ムシムシと夜も暑くて

寝苦しい日々が少なくありません。

夏の寝苦しさを軽減したいために、

エアコンに頼らず、タオルケットや賭け布団もかけずに、

パジャマなどだけで寝ている方も多いのではないでしょうか。

一見涼しそうですが、

これが体感温度や湿度的にはあまりよくありません。

それではどうすればよいのでしょうか。

そこで、夏の寝苦しさを軽減でき、

快適に過ごすための寝具について考えてみたいと思います。

タオルケットは熱がこもりやすい

結論から言うと、

タオルケットよりも肌かけ布団の方が夏に最適なのです。

「えっ、夏の暑い夜はタオルケットもかけ布団もしてないよ!」

という人も少なくないと思います。

しかし、最高気温30℃以上の真夏日でも、

朝方になると気温が20℃程度まで下がることがあります。

その場合、何もかけていないと

寝冷えで夏風邪にかかってしまう原因となります。

また、「タオルケットなどの薄手のものを1枚だけかけて寝ている」

という人も多いかもしれません。

タオルケットは寝返りをうつたびに身体に纏わりついてきます。

いい面もありますが、タオルケットは湿気を溜めやすく、

洗濯してもなかなか乾かなかったりと

扱いにくい面があると同時に、

寝ている間に熱がこもり易いために

夜中に目覚める原因にもなることがあるのです。

掛け布団が涼しい理由

夏に涼しく眠りたいならば、

布団の中の温度や湿度を快適な環境にキープする必要があります。

日本睡眠科学研究所によりますと、

布団の中の環境を

「寝床内気象(シンショウナイキショウ)」

と呼んでいるようです。

その理想の環境は、

温度が33±1℃湿度が50±5% だとしています。

家庭でもこの最適な「寝床内気象」を計測しながら

実現できればよいのですが、それはなかなか難しいことです。

しかし、掛け布団の選び方次第で温度、湿度を調整できます。

その掛け布団が、湿気を吸収しやすく、すぐに発散してくれる

『シルクでできた布団』

『羽毛入りの肌かけ布団』なのです。

これを使えば、暑い夏も快適な状態で眠ることができるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

暑く寝苦しい夏の夜を乗り切るために、

エアコンをガンガンかけるのではなく、

掛け布団を中心に寝具をもう一度見直してみてもよいのではないかと思います。

そうすれば、身体にも優しく、

寝心地のよい夏の夜を過ごせるのではないでしょうか。

ただし、猛暑の夜の時は、

適宜エアコンを使うと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。