玄関掃除は工夫次第!?キレイな玄関を維持する方法

スポンサードリンク

雨の日/風の日/雪の日/台風の日であろうが、

人の出入りが多い玄関は汚れやすい場所です。

砂ボコリ、土ボコリ、雨の日の水滴、壁の手アカなど

いろいろな汚れが玄関に発生します。

しかし、玄関は家の顔といっても過言ではないくらい、

汚れているとその家の第一印象が決まってしまいます。

そんな玄関を絶えずキレイに維持し、

訪れる人に爽快とも感じられるような場所にしたいものです。

そのため、今回、玄関をどのようにキレイにし維持すればよいかについて考えてみます。

必要物品を準備しよう

我が家の玄関の床はタイルタイプなので、

タイルタイプに限定して考えます。

(その他の方は申し訳ありません)

必要なお掃除道具をリストアップしました。

掃除機、ほうき

ゴミやホコリを取り除くためです。

ほうきで掃くとホコリなどが舞うので、

ハンディタイプの玄関用掃除機があればベストです。

デッキブラシ

ほうきや掃除機で除去できない汚れが付いたタイルを

ブラッシングするためです。

雑巾

ブラッシングした後、水分や汚れなどを拭きとるためです。

ウェットティッシュ

壁などの手あか拭きのためです。

日常は以上でよいと思いますが、

大掃除的なことをしたければ、さらに以下の物が必要でしょう。

メラミンスポンジ

ブラッシングでも落ちない汚れを落とすためです。

重曹

メラミンスポンジで擦っても落ちない

酸化した黒ずみの汚れを落とすためです。

高圧洗浄機

最終兵器です。

いつもの掃除に一手間加えて、掃除する方法を解説

いつもの掃除は、

掃除機(やほうき)でゴミやホコリなどを取り除いた後、

デッキブラシを軽く水に浸しブラッシングして汚れを落とし、

汚れや水分などを雑巾で拭き取り、

最後に玄関近くの壁などの手アカをウェットティッシュで拭き取れば完了です。

そこに半年か1年に1回程度、ひと手間かけます。

まぁ、大掃除的なことですね。

上記のいつものルーチンをした後、

以下をやってみてください。

メラミンスポンジと水を使って、

デッキブラシで落とせなかった汚れを軽く擦りおとします。

・メラミンスポンジでも落ちない酸化した黒ずみなどの汚れは、

重曹水(水:重曹=200ml:小さじ1杯)をスプレーして

デッキブラシでブラッシングすれば落とせます。

・最終兵器として高圧洗浄機を使うやり方もあります。

高圧洗浄機はちょっと高価ですので、

無理にする必要はないでしょう。

おそらく、重曹水で目的は達成できると思います。

・最後は、乾いた雑巾などで水分を拭き取り

タイルをカラッと乾燥させれば完璧です。

最後に、家の玄関を日頃からすっきり綺麗にしておけば、

自分も訪れる人も気分がよいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。