浴槽の掃除に!洗剤の選び方とおすすめまとめ!

スポンサードリンク

お風呂に入り湯船にゆったり浸かると、

心の安らぎ・気分転換・リラックスなどの感覚を得られます。

しかし、チェックするつもりはなくても、

浴槽の側面に皮脂などの垢汚れを見つけると、

リラックスモードは一転イライラモードに変わりませんか

(ちなみに、私は少しイラッとなりますね)。

お風呂場の中でも浴槽はメインです。

そのメインの浴槽を普段掃除するために適した

お掃除用洗剤の選び方、および、

おすすめの洗剤をまとめてみましたので、紹介します。

浴槽の掃除に適した洗剤

お風呂掃除用洗剤の商品は数多くあるだけでなく多種多様ですが、

種類別に大別すると下記の3種になります。

1)中性洗剤:全体の掃除用

浴槽、壁、床などお風呂のいかなる場所も掃除できるのが、中性洗剤です。

毎日使うものですので、

お肌への悪影響にも考慮しているために、

他の2種より若干洗浄力が劣ります。

しかし、日頃使うにはうってつけです。

2)酸性洗剤:水垢用

お風呂の鏡や蛇口などに発生し白くなる水垢は、

水周りには十中八九現れる汚れです。

これは、酸性洗剤で溶かして落とします。

3)塩素系漂白剤:ヌメリ・カビ用

排水口や床の隅のヌメリ汚れ、

壁の黒っぽいカビなどの汚れは、

日頃なら中性洗剤だけでOKですが、

定期的に塩素系漂白剤を使ってとどめをさしてください。

お風呂用洗剤が大別して3種あることはわかりました。

もう既にお分かりのように、

日頃の浴槽をお掃除するには中性洗剤が適しています。

壁や床なども掃除できるのでおすすめです。

また、それ程ゴシゴシと強く擦る必要もなく、

ちょっとした汚れやカビの予防にもなり、

毎日の掃除にはぴったりの洗剤です。

しかし、赤ちゃんなどの小さな子供がいて、

成分がどうしても気になる方は、

植物油を主原料にしたもの、

重曹を使ったもの、

クエン酸を使ったもの、

というように自然素材の洗剤を検討した方が良いと思います。

おすすめの洗剤まとめ

毎日使う、おすすめのお風呂用洗剤

順不同で4つ紹介します。

バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス:花王

お風呂洗剤の定番、バスマジックリンです。

浴槽や壁の毎日の掃除に役立つだけでなく、

ピンク色の汚れも落としてくれます。

ピンク色の汚れは、

黒カビの発生原因ともなる酵母菌の一種「ロドトリラ」です。

この汚れをなくし、

除菌しながら汚れにくい環境を作れる洗剤です。

おふろのルック:ライオン

スプレー式なので扱い易く、

水にぬらした箇所に噴射しスポンジで軽く擦るだけです。

「すすぎクイック成分」が配合されているので、

シャワーですすぐと直ぐに泡が消えてなくなります。

緑の魔女:ミスマクリーンケア

名前やオレンジ色の鮮やかなパッケージで

ドイツ生まれの商品です。

ドイツらしく環境に優しい成分を使用しているため、

手肌にも優しいです。

環境に配慮した洗剤は汚れが落ちにくいと

一般的に思われがちですが、

浴槽のヌメリや皮脂汚れはもちろん、

頑固な水垢や石けんカズも強力分解し汚れを落としてくれます。

さらに、洗い流した後の水は

排水溝の中の汚れも洗い流してくれます。

お肌や環境が気になる方はおすすめです。

PAX NATURON お風呂洗いせっけん:太陽油脂

植物油であるパームやパーム核を原料として、

オレンジオイルなどの自然素材を使った自然派の洗剤です。

皮脂汚れや湯垢などをしっかり落としてくれます。

香りはさっぱりしたオレンジの香りを楽しめます。

最後に、毎日入るお風呂、特に、浴槽は綺麗にしておきたいです。

その参考となる情報を提供させていただきました。

お役に立てれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。