セスキ炭酸ソーダでつけ置き!これで換気扇もきれいに!

スポンサードリンク

「セスキ炭酸ソーダ」って、ご存知ですか。

掃除や洗濯の両方に重宝され

万能アイテムのアルカリ剤といえば、

まず「重曹(炭酸水素ナトリウム)」を思い浮かべる人が多いと思います。

その重曹よりも高く評価されてきているのが

「セスキ炭酸ソーダ」なのです。

そんな「セスキ炭酸ソーダ」とはどういうもので、

どんな汚れに向いているかを探った後、

「セスキ炭酸ソーダ」を使った換気扇の掃除の仕方を紹介します。

セスキ炭酸ソーダの使い方

まず、「セスキ炭酸ソーダ」とはどういうものかを説明します。

セスキ炭酸ソーダは、

炭酸水素ナトリウム(重曹)と炭酸ナトリウムで構成され、

両方の性質を持ち合わせた無機化合物です。

主に、家庭用洗剤や入浴剤に使用されている成分で、

界面活性剤を使用した有機物の家庭用洗剤よりも

環境に優しいということから、

重曹よりも注目を集めてきています。

さらに、重曹よりも、水溶性/洗浄力が高くありながら、

手荒れの心配が少ない適度なアルカリ濃度で、

常温で長期保存可能なため、

非常に使い易いのがポイントです。

次に、「セスキ炭酸ソーダ」を使うにあたって、

「セスキ炭酸ソーダ」の得意不得意を洗い出してみます。

セスキ炭酸ソーダが得意なもの

弱アルカリ性なので酸性の汚れを落とすのが得意です。

例えば、

・キッチンの油汚れ

・皮脂による汚れ

・血液などの汚れ

・ドアノブやスイッチなどの手垢

などです。

セスキ炭酸ソーダが不得意なもの

例えば、

・靴や靴下などの泥汚れ

・機械油や口紅などの強い汚れ

・衣服のシミ

・畳やカーペット

・白木やフローリング

・アルミ製のもの

などです。

これらの汚れには、石鹸などの界面活性剤や、漂白剤などを、

汚れの種類に応じて使い分けてください。

換気扇つけ置きのやり方

セスキ炭酸ソーダを使って、

換気扇をつけ置きする洗い方を紹介します。

1)電気系統以外の換気扇を取り外す。

2)それら換気扇が入る程度のバケツに3リットルのお湯を入れる。

3)お湯3リットルに対してセスキ炭酸ソーダを大さじ2杯を加える。

4)換気扇を浸ける。そのまま、数時間から半日間浸け置きする。

5)油汚れが浮かび上がるので、それを歯ブラシなどで擦って落とす。

6)換気扇を、中性洗剤などで洗い、十分に水洗いする。

7)換気扇をよく乾かす。

換気扇が入るサイズのバケツがない場合、

同サイズのダンボール箱とビニール袋でバケツで代用できます。

最後に、セスキ炭酸ソーダが不得手なものを紹介しましたが、

その不得手なものに使うとどうなるかをほんの少しお話しすると、

・畳は黄色くなる。

・アルミ製のものは黒く変色。

・白木はシミになり落とせなくなる。

・ワックスを塗ったフローリングは

ワックスを溶かして粉浮き状態やベタベタ状態になる場合がある。

などとなりますので、くれぐれも注意してください。

これさえ守れば、セスキ炭酸ソーダは有効に活用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。