スケジュール管理は手帳を使おう!活用術女子編

スポンサードリンク

最近、スマートフォン等のデジタル手帳を使っている女性が増えています。

しかし、まだまだアナログ手帳の有効な活用の仕方があります。

また、アナログ手帳の中身を見れば、

その持ち主の性格、

仕事に対する姿勢、および、

スキルが一目でわかってしまいます。

ここでは、効率的・効果的に手帳を使えば

女性にとって良いツールになるか、

そして、その活用術を紹介したいと思います。

手帳をしっかりと使えば、できる女子を演出するツールになる

まず、手帳に書くことによるメリットを挙げてみます。

・限られた紙面で重要なポイントを整理し書くので、

一瞬で判断するトレーニングになる。

・読み返した時に理解し易い工夫を行うことで、

効率よく事を進める能力が鍛えられる。

・デジタル手帳は電池切れ等でデータが見れなくなるが、

手帳は見ることができる。

このようなメリットがあります。

ただし、デジタル手帳を否定しているのではなく、

デジタル/アナログ両手帳のメリットとデメリットをよく理解して、

使い分ければよいと思います。

次に、シーン別の使い方を考えてみたいと思います。

ビジネスで手帳を使う場合、

月単位ではなく

1日単位で詳細なスケジュールを書き込むことが重要です。

その細かさによって、

「何時にどんな仕事をするか」

「何時までに終わらせるか」をしっかり予定できているので、

作業効率が向上し、仕事漏れを防ぐことができます。

また、その日にできなかった仕事と

できなかった理由を記載しておきます。

これらの記録が、仕事の所要時間や

イレギュラーな仕事に対して、今後どのように対処していくかの

フィードバック材料になります。

さらに、ビジネス相手の情報も書き残しておくと便利です。

面会した日や場所、名刺、特徴などを

書き込んだり張り付けたりしておきます。

プライベートで手帳を使う場合、

ビジネス手帳とは別に持っておくことをおすすめします。

使い方の一例として、婚活情報を書き込んでおきます。

出会った男性の特徴や趣味など重要と思う情報を書き残し、

次回会った時の会話に役立てるとか、

男性が自分の望む相手なのかを客観的に分析するときに

役立てるツールになります。

活用術をご紹介

アナログ手帳の効果的な活用術を3ポイント紹介します。

(1)自分流のルールを作ろう

小さな3~4色ボールペンを使う

小さいので携帯性がよく、

色分けで予定分類別や重要度別などが一目でわかり見やすくなる。

・アルファベットなどを使った略語を使う

限られたスペースを有効活用できる。

略語としては、例えば、

ミーティング(MTG)、

アポイントメント(APM)、

セミナー(SEM)などです。

(2)テンポラリ・メモは付箋を使おう

急な予定変更やTODOなどが入ってきた場合、

付箋だと張り付けるだけだし、

緊急な仕事も終われば付箋を外せばよいので、おすすめです。

これも、ボールペンと同じように複数色あればベターです。

(3)スケジュール管理ページとメモページをリンクしよう

追加した付箋やメモページを、

日付の書かれたスケジュール管理ページにリンクさせる。

そうすることで、管理ページと、付箋やメモページの紐付けができるので、

見つけやすくなる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ぜひ、アナログ手帳とデジタル手帳の使い方をマスターして、

ステップアップした、できる女性になりたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。