七五三はいつするのか?男の子編

スポンサードリンク

七五三は、家族にとって子供の成長を祝う大事な行事です。

「七五三はなぜするのか」、

「七五三はいつするのか」、

「男の子と女の子はどうちがうのか」などご存知でしょうか。

私自身もよくわかっていません。

それでは、「七五三の意味」

「男の子だけがする年齢」について調べてみましたので、ご紹介します。

七五三の意味は?

まず、七五三の起源から見ていきましょう。

室町時代が七五三の起源で、

それが、江戸時代の武家社会を中心として

関東から全国に広まったと言われています。

その時代、乳幼児の死亡率が高く、

生まれてから3~4年程度経ってから

現在の戸籍に相当する人別帳や氏子台帳に登録しました。

そのため、今まで無事に成長したことに感謝すると同時に、

少年・少女期への節目に今後の将来と長寿を祈願するという意味をもって、

七五三を祝ったということです。

そのような背景から、子供の成長と幸福を願いながら、

神様にお祈りし感謝するお祝いとして普及していき、

現在の形になったのは明治時代と言われています。

次に、七五三の意味を調べてみました。

七五三からわかるように3歳、5歳、7歳が節目となります。

3歳で言葉を理解し、

5歳で知恵がつき、

7歳で乳歯が生え変わるなど、

成長が進むつれいろいろな変化や危険があるため、

健やかな成長を願って神様にお祈りします。

3歳:男の子/女の子

昔、3歳になるまでは神様からの預かりものと考えられていました。

無事3歳に達すると、親は自分の子供になった記念に

その子の髪を伸ばし始めます。

この儀式を「髪置(かみおき)」と言います。

5歳:男の子

男の子は5歳位になると、

すべての生活の上で周囲から認められるようになるので勉強をはじめます。

この儀式を「袴着(はかまぎ)」と言います。

7歳:女の子

女の子が7歳位になると、

それまで着物を留めていた紐を帯に変えます。

この儀式を「紐落とし(ひもおとし)」または「帯解(おびとき)」と言います。

元々、このような意味をもっているわけですが、

今では両親が子供を思う愛情表現の一行事という意味合いが大きいです。

男の子だけする年齢がある

男の子だけの七五三は、すでに書きましたように

3歳と5歳になります。

しかしながら、地方によって違うと思いますが、

3歳を省いて5歳だけ行う方が

一般的になってきているようです。

また、この行事は、親の親、すなわち、あなた方の親御さんも

孫の晴れ姿をきっと楽しみにしています。

したがって、自分たちで勝手に決めてしまうのではなく、

あなた方のご両親と十分に相談されてから決めた方がよいかもしれません。

最後に、年齢は数え年でするのか、

満年齢なのかということがあります。

昔は数え年で行われていましたが、

最近は数え年や満年齢はあまり気にされる方は少なくなってきたようで、

どちらでもよいかと思います。

要するに、子供が健康に育ってくれた・くれることを

神様に感謝しお祈りすることが大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。