七五三3歳で初めてのメイクデビュー!メイク方法は?

スポンサードリンク

子供の成長を祝う七五三は、

一生に一度の晴れ舞台であり大イベントです。

当日は準備に追われていると思いますが、

3歳や7歳の女の子に着物を着せると共に、

初めてのメイクをしてあげて

可愛く綺麗に着飾ってあげたいと思うのが親心です。

そして、記念写真を撮りたい。

まだツルツルしたお肌を活かしたメイク法をご紹介したいと思います。

記念だからこそメイク

3歳の女の子に七五三のメイクは、

必ずしも必要というわけではありません。

しかし、赤やピンクが多い着物やヘアースタイルならば、

やはりノーメイクで記念写真を撮ると、

着物だけが映えてしまい

主役の子供の表情がぼやけてしまいがちになってしまいます。

そうならないためにも、また、記念として残る写真のためにも、

そのときの子供らしくあどけない姿を残しながら、

ほんの少しでもメイクをしてあげたいものです。

メイク方法を解説

3歳の七五三メイクの3ポイントをまとめて解説します。

(1)ベース

フェースパウダーやファンデーションをパフにとった後、

一度手の甲でなじませます。

そして、ごく薄く顔にのせていってあげます。

たぶん、七五三が初めてのメイクでしょうから、

できれば石鹸で簡単に取れる低刺激のものがよいと思います。

また、子供にアレルギーなどなければ、

お母さんの手持ちのものを使ってもよいです。

(2)リップ

刺激の少ない赤やピンク系の口紅を、

下唇に少し丸みをもたせるようにして塗ってあげる

可愛い感じになります。

指で触ったり着物の袖で拭いたりすることがあるので、

違和感がないようにできるだけ薄付けにします。

味やニオイを嫌がるようなら、

無香料の色つきリップでもよいと思います。

(3)チーク

口紅と同系色のチークを使います。

頬の部分にパフでポンポンとのせ、

こめかみに向かってぼかしてやる

かわいらしい感じになります。

チークが濃いとかわいらしさが消えてしまうので、

つけすぎには気をつけます。

口紅を塗った後、

子供の好みに合わせて少しだけグロスを塗ってあげると

写真映りがより綺麗になります

着物の場合、メイクが終わってから着物を着せるようにします。

最後に、3歳の女の子ですので、

基本は低刺激の化粧品を使うように心がけます。

3歳の女の子とはいいながら、

お化粧には結構興味を持っているもので、

こういうイベントでメイクをしてあげるととても喜ぶと思います。

しかし、嫌がる子もいますので、

無理強いせずに赤系のリップを塗ってあげるだけでも可愛くなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。