残暑見舞いの例文を使って先生に送る!?お世話になった先生への書き方

スポンサードリンク

残暑見舞いのハガキを出す時期は、8月7日頃~8月末です。

出す相手は、友人・先生・上司・ビジネス上関係会社などと多種多様なので、

その相手に応じて残暑見舞いの文章を

失礼のないように考える必要があります。

結構、面倒くさくて止めたくなりますが、

書く構成にはある程度決まったものがあります。

それに従えば、書けると思います。

ここで、文章の基本構成を説明した後、

立場によって書き方がどう違うかを考えます。

そして、その中で「先生へ大人になったことを伝える」残暑見舞いの文例を紹介します。

立場によって書き方は変わってくる

まず、残暑見舞いの基本的な構成は、

1)残暑見舞いの挨拶

2)時候の挨拶と相手の様子を伺う文章

3)自分の近況報告

4)相手の体調を気遣う文章

5)日付

のようになります。

これをベースに考えてください。

次に、出す相手の立場に応じた書き方の注意点を説明します。

友人の場合

残暑見舞いを友人に出すときの書き方は、

基本的には年賀状のように改まったものではないので、

いろいろなことを書いても問題ないと思います。

でも、何でも良いと言っても

あまりにも失礼なことは控えてください。

自然で相手が喜ぶようなお見舞いにしたいです。

上司の場合

普段、会社で顔を合わせていることが多いでしょうから、

「お元気ですか」や「お変わりございませんか」などは

省略してよいと思います。

後の書き方で心がけたいのは、

丁寧な言葉で失礼のないようにすることです。

相手は上の立場の方ですので、

近い年だからといって失礼のないように

マナーを守っておきたいところです。

ビジネスの場合

文章が結構固い感じになると思いますが、

基本的には失礼にならないようにし、

個性を出さずに丁寧に書くことを心がけてください。

先生の場合

この場合、大きくは2つに分けられると思います。

・恩師にあたる方

・現在在学中の学校の先生

それぞれの立場によって書き方が少し変わるかもしれません。

しかし、共通している点は、

「お世話になっている(なった)」

と言うことですので、やはり失礼のないように気をつけます。

在学生ならば、夏季休暇中と思いますので、

その休み中の予定や出来事などについて書くこともできると思います。

先生へ大人になったことを伝えよう

ここでは、特に、先生(恩師)へ大人になったことを伝える文例を示します。

文例1

残暑お見舞い申し上げます。

立秋とは名ばかりで、連日の厳しい暑さ、

先生におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この頃、故郷の海と山を懐かしく思い出します。

しばらく帰っておりませんので、

今年は休暇を利用して帰省しようと考えております。

先生ともゆっくりお会いできればと思っております。

少しは成長した姿を見ていただきたく。

その節はまたご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

まだしばらくは暑さも続くと思われますが、

お身体を大切にお過ごし下さいますようお祈りしております。

平成○○年立秋

文例2

残暑お見舞い申し上げます。

残暑ことのほか厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで、社会人としての生活にも慣れ、元気に過ごしています。

まだしばらくは暑さが続くようですので、くれぐれもご自愛ください。

平成○○年晩夏

最後に、基本構成に従えば、

残暑見舞いの文章を書くのはそんなに難しくないと思います。

是非、先生といわず友人からでも出してみてはいかがでしょうか。

慣れてきてから、先生へと移っていってもよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。