残暑見舞いをはがきで出す際の書き方!マナーも解説

スポンサードリンク

最近は電子メールでのやりとりが主流となり、

お世話になった方や親しい友人などに

手書きの残暑見舞いのはがきを送るのは

強く印象に残るものではないでしょうか。

しかし、季節の挨拶には昔からの習慣で暗黙のマナーがあり

なかなか簡単には書けないと思います。

残暑見舞いとなると、

はがきをいつからいつまでに出せばよいか、

わかりづらいものです。

そこで、

「残暑見舞いを出す時期」

「残暑見舞いの形式や言葉遣いのマナー」について説明します。

残暑見舞いを出す時期はいつ?

現在のように1年を4季節に分けるのではなく、

12の「節気」と12の「中気」で24に分けた「二十四節気」から、

残暑見舞いのはがきを出す時期を理解できます。

・暑中見舞い

小暑(7/7頃~22頃)~大暑(7/23頃~8/6頃)〜立秋(8/7頃~23頃)

・残暑見舞い

立秋(8/7頃~23頃)〜処暑(8/23頃~9/7頃)

上記のように、最も厳しい暑さの時期に出す「暑中見舞い」の時期を過ぎた頃に出す

「残暑見舞い」はお中元の時期の後になるので、

お中元のお礼状を兼ねた残暑見舞いのはがきでもよいと思います。

ただし、9/7頃に届くように出す必要があるので、

遅くとも8月末までには、はがきを出すべきだと思います。

形式や言葉遣いのマナーを知ろう

残暑見舞いの本来の意味は、

「暦の上では秋なのにまだまだ厳しい暑さが続いているので、

相手の健康を気遣う言葉をかける」

と言うことです。

残暑見舞いは、ビジネスの取引先などに出す場合でも、

「拝啓」や「敬具」のような頭語と結語は必要ありません。

さて、残暑見舞いの構成を説明します。

大きく5つに分けます。

1)残暑見舞いの挨拶

・残暑お見舞い申し上げます。

・残暑御見舞い申し上げます。

のどちらかを、冒頭でやや大きめの字で書きます。

2)時候の挨拶

・夏も終わりに近づきましたが皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。

・立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

・残暑ことのほか厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。

などの葉書を出す時期に適した時候の挨拶の言葉を書きます。

3)自身の近況報告

・健康のためにジョギングを始めましたが、張り切りすぎて夏バテ気味です。

・昨年は夏バテ気味でしたが、今年は食事に気をつけて元気に過ごせています。

・今年は夏季休暇が長く取れ、軽井沢で楽しく過ごせました。

などのように近況報告は、受け取り側も楽しみなので、

なるべく具体的な内容を書く方が良いです。

この部分にお中元のお礼の言葉を書いても良いと思います。

4)先方の体調を気づかう言葉

・どうかご自愛ください。

・お身体に気をつけてください。

・御身をお大事にしてください。

などのように先方の健康や体調を気遣う言葉を書きます。

なお、「お身体をご自愛下さい」という表現は

重複表現になるので使ってはいけません。

5)日付

「平成○○年立秋」

「平成○○年晩夏」

「平成○○年八月」

などと書くのが慣例で、

「平成○年○月○日」というように正確に書くものではありません。

最後に、残暑見舞いのはがきを出す時期は、

昔の人の暦の数え方である二十四節気に由来し、

8月7日頃~9月7日頃(一般的には、8月末まで)

です。

しっかり覚えておきましょう。

電子メールのやり取りよりもいいですが、

やはりはがきでの便りの方が気持ちが伝わるように思います。

また、日本の良い文化でもあるので、

残していきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。