月見団子のレシピ解説!白玉粉を使って作る方法

スポンサードリンク

秋の日本の季節行事と言えば、

十五夜=お月見を思い浮かべる方は多いことでしょう。

お月見に欠かせないのが、白玉粉でつくる月見団子です。

スーパーなどで買う方もおられるでしょうが、

家庭で子供たちと一緒に作るのも楽しいと思います。

そこで、今回は、月見団子の材料である白玉粉

白玉粉を使った月見団子の作り方について紹介します。

食べるのに適している白玉粉で作る月見団子

まず、月見団子の材料となる白玉粉について解説します。

もち精白米を原料とした粉です。

寒ざらし粉とも言い、昔は、冬の厳寒のころに、

清水にさらしてつくられていたところから、

この名が付きました。

厳寒のころに作られたのは、

水を多く使うので、腐敗、発酵を防ぐためです。

現在では1年中製造されています。

また、大阪の河内にある歓心寺の名物だったので

歓心寺粉とも呼ばれました。

白玉粉の精製方法は、

・もち米を水洗いする。

・1~2日水に浸漬(しんし)し、吸水させる、

・それを、水をかけながら臼(うす)で摩砕する、

・ふるいにかけて水に浸漬する、

・毎日水を変えて撹拌と沈殿を繰り返して精製する、

・この沈殿物を袋に入れて十分脱水する、

・その後、乾燥して塊を砕き製品とする、

となります。

良質のものは白色で光沢があります。

主な成分はデンプンですので、

ただの糯粉(もちこ)よりも蛋白質,脂質,繊維が少なく、

消化がよく、特有の風味を持っています。

白玉粉は他の米粉と比べて、粒子が非常に細かいため、

月見団子などにしたときはツヤツヤした見た目になり、

舌触りも滑らかになります。

作り方

白玉粉を使った月見団子(白玉)の作り方を説明します。

(1)白玉粉に水を加える

(2)耳たぶくらいの固さにこねる

(3)小さく丸めて手のひらで軽く押さえて平たい団子にする

(4)沸騰した湯に落としてゆでる

(5)浮き上がってきたら、冷水にとって冷やす

(6)ザルにあげて水けを切る

彩りを美しくするために、

食用色素などで着色するのもいいです。

好みもありますが、だんご粉と白玉粉を組み合わせると

尚おいしくなるという情報もあります。

ググった情報で、もっとおいしそうな団子を作れると良いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか。

白玉粉と月見団子の作り方について説明しました。

ちょっとググルだけでも

たくさんの月見団子のレシピが出てきますので、

自分が気に入ったレシピを見つけて、

子供たちとワイワイいいながら作るのが楽しいと思います。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。