月見に団子をお供えするのは何故!?その意味を解説

スポンサードリンク

日本には季節にあった行事があります。

その中の9月にする十五夜のお月見は、

どういう意味をもって行うのか、

また、その時に供えるお月見団子もなぜ供えて食べるのか、

改めて聞かれるとわからないことが多いです。

そういう疑問から、ここでは、お月見の由来

お月見団子をなぜ供えるかについて調べてみました。

月見の由来は?

中国には、三大節句として

春節、

端午節、

中秋節

があります。

その内の「中秋節」が旧暦の8月15日頃のことを言います。

「中秋の名月」と言うように

「月を祀る日」とされています。

さらに、中国では、丸い月を家族団欒と捉えて、

丸い月餅を食べ家族の幸福を祈ります。

月へのお供えとして、

月餅やスイカなどの丸い物をお供えする風習があります。

これらのことが日本にもお月見として伝わったと言うことです。

一方、日本では、

・農作物の豊作を祈願する日、

・今期の収穫とお月様に感謝する日、

・月の明かりに感謝し月を眺める日、

としてお月見が行われています。

また、平安時代に日本に伝わったといわれ、

平安貴族たちが、欠けても満ちる月を生や不死の象徴と考え愛して

詩歌を読み親しみました。

江戸時代には、この時期が収穫祭を行う日として

庶民に親しまれるようになり、

一般家庭にもお月見が定着していきました。

何故団子をお供えするのか?

地方によって違うでしょうが、

お月見でお供えする標準的なものとして、

月見団子、すすき、萩が多いと思います。

最近では、団子だけかもしれません。

それぞれのお供え物としての意味を説明します。

月見団子

豊作の祈願と収穫の感謝を込めて、

お米を使って作った団子を

月に例えてお供えするようになったと言われています。

また、十五夜に団子を食べると健康になると言うことから、

食べるようになったようです。

すすき

稲穂に見立てることによって、

お米の豊作を願って飾られると共に、

月の神様が降りてくるところとして供えます。

地域によってはすすきでなく

稲穂そのものを飾るところもあるようです。

神様の箸の意味合いがあるそうで

神様が萩を使って団子を食べる、ということでしょう。

また、すすきも萩も、邪気を避けるとも言われています。

「お月見」を行う意味や

お供え物の意味はわかっていただけたでしょうか。

今年のお月見からは、

毎日当たり前のように食べているお米や野菜などの農作物の豊作を願い、

その収穫に対して感謝することを考えながら行うと、

また違った趣になると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。