夏の思い出!花火を見に行って告白するタイミング・セリフは?

スポンサードリンク

夏の花火大会、それはデートや告白の絶好のチャンスです。

しかし、告白と言っても、

勇気、タイミング、場所、セリフはどうすれば良いのでしょうか。

迷ったり、悩んだりしている方が多いのではないかと思います。

好意を持っている人に、相手の気持ちを考えながら、

自分の気持ちを上手く伝えるのはなかなか難しいものです。

それでは、花火大会で告白を成功させるために、

どのようなタイミングやセリフなどで

自分の想いを伝えたらよいかを考えていきます。

花火に誘ってOKだったら、ほぼ告白は成功する

「○○の花火大会2人で見に行かない?」と誘った場合、

その反応によって相手の脈あり・なしがわかります。

たとえば、

「○○さんも誘っていい?」とか

「別にいいけど、2人で...」など

2人で行くのがもうひとつ乗り気でない場合は

脈なしの可能性が高いですが、

「楽しそう、行く行く」とか

「それじゃ、その花火大会のこと調べとくよ」など

誘いに対して積極的な反応ならば、脈ありと思われ、

80%程度でデートも告白も成功と言えます。

2人で花火大会に行けたとしても、

告白のタイミングや場所、言葉によって

よい返事をもらえるかどうかが変わってきます。

それらについてのヒントを書いてみます。

告白の場所とタイミング

・花火大会のクライマックスの時

・花火大会後の帰り道で人気の少ないロマンチックな場所

・花火大会後のレストランでの食事後

告白の言葉

・ストレートに

私の場合はこれがおすすめです。

たとえば、

「君(あなた)のことが以前から気になっていたんだ。

初めて会った時から君の明るくてかわいい雰囲気がとても魅力的で、

この人と付き合えたらいいなぁ、と思うようになったんだ。

もし良かったら、付き合ってください。」

この言葉の中で、

明確に「付き合って欲しい」と言っている点

そして初めて会った時の印象を言っている点

ポイントとなります。

・ヤンワリと遠回しに伝える

上のようにストレートにいうのが苦手な人もいるでしょう。

そういう場合は、「付き合ってほしい」ということを

ヤンワリとだけど、ちゃんと伝わるように言います。

たとえば、

「今日の花火きれいだったね。

実は、前から一緒に花火を見たいと思っていたんだ。

今日こうして一緒に見ることができてとても楽しかったよ。

また来年も君と一緒に見に行きたいなぁ。」

この言葉の中で、

「また来年も君と一緒に見に行きたい」という点が重要です。

相手から、OKをもらえれば、

「ありがとう。今後も付き合ってほしい」

ちゃんと改めて伝えると更によいです。

これらを参考にして、

自分なりに考えて自分のものにしてください。

注意点に気をつけて成功させるコツ

花火大会のデートで告白をせるために気をつけるヒントを

男性編・女性編に分けて列挙してみます。

男性編

全体に女性を気遣うことが大事です。

たとえば、

・女性はおしゃれをしてくるので、

“いつもと違う雰囲気”でよいポイントを伝える、

・歩くペースを女性に合わせる、

・花火大会は混雑することが多いので、

しっかりエスコートする、

などです。

女性編

やはり気遣いが大事ですが、

謙虚さを加えるとなおいいと思います。

たとえば、

・男性もおしゃれをするでしょうから、

全体的な雰囲気を褒める、

・男性の優しさなどに対して、

感謝の気持ちを伝える、

・男性がお金を出すものと決めずに、

飲み物代くらいの小さな奢り(オゴリ)をする

などがポイントです。

いかがでしたか。少しは参考になったでしょうか。

最後に、緊張する人は、花火大会の会場やその周辺を事前に調べて、

告白のシナリオを2~3パターン考えておくのも

ひとつの手かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。