秋服コーデレディース編!可愛い服選びのコツ

スポンサードリンク

夏から秋、秋から冬と変化するため、

秋服のコーディネートは温度の変化などがあるので、

なかなか難しく悩むところだと思います。

そんな季節ですが、それを逆手にとって

多様なコーディネートができる季節だと思い直して、

ファッションを楽しみましょう。

「自分の体型に合う服を探そう」

「流行を取り入れて可愛く見られよう」と言うことでまとめてみました。

自分の体型に合う服を探そう

気温の変化により、

自分の体型にあった秋服コーディネートについて解説します。

気温25~30度の場合、

体型カバーができる、チェック柄のロングシャツがおすすめです。

気温25度前後の場合、

まだ暑いので薄手のカーディガンをもつと良いと思います。

気温20~25度の場合、

中はシンプルなTシャツとジーンズで、

薄手のロングカーディガンとコーディネートしたいものです。

気温20度前後の場合、

ボルドー色系のブリーツスカートで演出しましょう。

大柄な方なら変形デザインでOKです。

気温15度前後の場合、

肌寒くなる気温なので、

トレンチコートやジャケットはいかがでしょうか。

流行を取り入れて可愛く見られよう

伸縮性があり、スムーズな素材よりボリューム感があるので

秋にぴったりのリブ素材は、

リブニットはもちろん、ワンピースやスカートにも

秋のコーディネートとして可愛いかもしれません。

ボトムのリブパンツやスカートは、

生地が出やすく、後に残りやすいため

毎日着るのをやめて休ませます。

そうしないと、お尻やお腹の生地だけが伸びてしまいますので、

気をつけると良いでしょう。

ますは、ぴったり感が強いので、

ニットやカーディガンで取り入れてみるのも良いと思います。

ハイゲージニットでデニムにコーディネートし、

全体をトレンドカラーのキャメルで統一すると

落ち着いたスタイルになります。

濃淡をつけるとさらにお洒落になるかもです。

定番のデニムスタイルに飽きた場合は、

しっかりしたブルー系のカラーを使って、

コーディネート次第で華やかで秋らしくなります。

脱力感あるゆったりとした脱ノームコアなスタイルが注目で、

後ろが長い非対称タイプが多く

ゆったりしたシルエットのブラウスやシャツも可愛いかもしれません。

ゆるっとした肩の力を抜いたファッションとして、

コットン素材よりレーヨン素材を使った

ドロップショルダーやボリュームニットも秋らしくてよいと思います。

また、ガウンもニットも秋には、ビックシルエットで

リブ素材からローゲージのゆるいサイズまでを全体的に着こなせば、

素敵で可愛いスタイルになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。