お盆帰省に、お墓参りには行っておきたい!いつ行くのがベスト?

スポンサードリンク

命日、彼岸、お盆、年末年始などに

お墓参りに行きたいと思いながら忙しくて、

なかなか行けないという人多いでしょう。

せめてお盆くらいはお墓参りに行こうと思っても、

何日に行けばいいのか?

お墓参りに決まりはあるのか?

と悩みつつタイミングを逃してしまうことも。

そこで、

お盆のお墓参りはいつがいいのか?

お墓参りで何をしたらいいのか?

してはいけないことはあるのか?

という疑問にお答えしたいと思います。

お墓参りは13日が一般的

お盆の期間は13~16日、

この期間にお墓参りをするのが一般的には理想です。

もっと言うと、13日に迎え火をして

ご先祖さまをお迎えに行くと言われており、

13日に行くのが良いと言われています。

もちろん、これは一般的なことで

地域により違いがあります。

それでは、お墓参りに持っていくもの

まずは、お墓に手を合わせる前に

お墓をきれいにするための掃除道具が必要です。

バケツ、

たわし、

スポンジ、

雑巾などですね。

(柄杓や桶など用意してある墓地もあります)

お墓の汚れをしっかりと掃除してあげます。

たわしなどで強く擦りすぎて、

墓石を傷つけないように注意しましょう。

次に

お供えの生花、

ろうそく、

お線香、

お菓子、

飲み物などです。

お供えしてはいけないというものは特にありません。

お供え物を置くための半紙を忘れないようにしましょう。

そして、お参りをするための数珠、

ろうそくに火をつけるためのマッチやライターです。

服装はお墓参りのあとに法事などがあれば

礼服を着ることが必要ですが、

お墓参りだけなら普段着で大丈夫です。

お墓参りでやってはいけないこと

お墓参りでやってはいけないこととして、

よく耳にするのは

ついで参りはしてはいけない」

「お墓参りは午前中でなければいけない」

「お墓参りに一人で行ってはいけない

などではないでしょうか?

答えはお墓参りで絶対にしてはいけないということはありません。

お墓も一か所ではなくて2か所ある家もあるだろうし、

お墓の場所が遠いケースもあるでしょう。

事情があり、一人でしかお墓参りにいけない人もいます。

ただ、ついで参りについては、

法要などの帰りについでにというのは

避けたほうがよいかもしれませんね。

あくまでも、お墓参りがメインでなければいけません。

お供えするお花も

棘のあるバラなどは避けたほうがよいと言われています。

まとめ

お盆のお墓参りについて述べさせてもらいましたが、

参考になったでしょうか?

お盆、彼岸など仕事の休みがなくて

お墓参りに行けないという方もいると思います。

お墓参りに決まった期間はありません。

基本、いつお墓参りをしてもいいのです。

一年に一度、数年に一度でも時間ができたら、

ご先祖様に手を合わせにお墓参りをするのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。