酸素系漂白剤でカビ落とし!衣類を洗う際の注意点とコツ

スポンサードリンク

皆さんは、久しぶりに服をクローゼットから取り出してみたら、

カビが生えていたという経験をされたことがありますか?

ほとんどの方がそうだと思います。

私も特別な時に着るために大切にしまっていた黒いブレザーに

カビがはえてしまったという経験があります。

最初見たときは

「何?この白いものは…」

と一瞬何かわからなかったのですが、

よく見るとあちこちに白い斑点のようなものが付いていました。

数回しか着てなかったのでショックでした。

また、お気に入りの革ジャンと革のバッグが

カビてしまったこともありました。

クリーニングに出せばいいのですが、

費用がかかりますよね。

でも、自分でカビを落とす方法を知っていれば

経費節約になります。

クリーニングに持って行ったり、

取りに行ったりするという手間も省けます。

では、自宅で簡単にカビ落としができる方法をご紹介します。

まずは確認!洗濯表示と他洗剤の関係性

カビにもいくつか種類があります。

白カビの場合、軽度であれば比較的簡単に落とせます。

洋服ブラシでブラッシングするだけで落ちることもあります。

また消毒用エタノールで拭き取るとさらに効果があります。

このとき強く擦ってしまうと素材を傷めるので、

裏に布を当てて上から叩くようにするとよいでしょう。

その後外で乾燥させます。

しかし黒カビであれば厄介です。

根が深いのでなかなか取れません。

繊維の中に入り込み、繊維を分解します。

色が落ちることもあります。

そのようなときは酸素系漂白剤を使って洗うという方法があります。

その前にまず、洗濯表示を見て

水洗いできるものかどうかを確認しなければなりません。

もし水洗いできないのであればクリーニングに出しましょう。

服そのものが傷んでしまったり、

縮んでしまったりするからです。

もう一つの注意点として、粉末の酸素系漂白剤は

金属のファスナーやボタンがついたものや、

絹・毛などの繊維製品には

使えないことを覚えておきましょう。

液体のものなら大丈夫です。

また、色落ちしない材質かどうかも

確認しておく必要があります。

カビは取れても、

せっかくのお気に入りの服が色落ちしてしまったら

元も子もないですよね。

そして他の洗剤と混ぜないように気をつけます。

特に、もし塩素系漂白剤を使ってしまった場合、

他の洗剤と混ぜると有害なガスを出すので注意しましょう。

漂白液の作り方から使用手順

まず、お湯に酸素系漂白剤を溶かします。

量は1ℓのお湯約10gの漂白剤です。

このときに重曹を入れるとさらに効果がアップします。

漂白剤と同じ量の重曹を入れます。

またお湯の温度は50度ぐらいがいいでしょう。

この温度がカビを効果的にやっつけることができる温度です。

次に、そのお湯の中に衣類を入れてもみ洗いします。

手荒れしないようにゴム手袋をすることを

忘れないようにしましょう。

黒カビの生えているところは念入りに洗います。

古い歯ブラシで擦ってもいいですが、

繊維が傷まない程度にしましょう。

そして、1時間ほどそのままつけ置きします。

ちゃんとカビが落ちているか確認します。

もし、まだ落ちてないのであれば、

もう一度同じ工程を繰り返します。

最後に洗濯機で通常の洗濯と同じように洗います。

ただ、革製品は水洗いすることはできませんよね。

その場合、重曹に水を足してペースト状にし、

布につけて拭き取ります。

その後、乾いた布で拭き、乾燥させます。

このように、簡単に自宅でカビを落とす方法を知っていれば、

カビを見つけたとしても

ショックを減らすことができますよね。

でも、なんといっても普段から

カビが生えないような環境を作ることが大切です。

お天気のいい日には、

クローゼットやタンスから衣類を取り出して、日光に当てましょう。

紫外線により、カビを防ぐことができます。

また、重曹は消臭効果や湿気を吸い取る効果があることをご存知でしたか?

重曹を容器に入れて、

クローゼットやタンスの中に置いておきます。

1、2ヶ月ごとに新しい重曹と取り替えるといいでしょう。

カビを予防・撃退してお気に入りの洋服を長持ちさせましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。