気になる排水口の臭い!洗面所の掃除方法を大公開

スポンサードリンク

年末年始実家に帰省し、

帰ってきてから洗面所を使うことがありますよね。

そこで、バシャバシャと顔を洗うと

「あれ?この臭いはどこからきてるんだろう?」

と疑問に思うことはありませんか?

全然わからないところで

臭いは充満しているのです。

そう、目には見えない排水口から実は臭っています。

最初は全く気付かず、数週間くらい経って、

排水口からだ!

とかなり遅い段階で気付く方もいるでしょう。

気付いたときにはもう遅いのです。

排水口の状態は目には見えない分、

掃除を忘れがちな場所でもあります。

そうなると臭ってくるのも無理はありません。

また、一人暮らしをしていると、

どう掃除をしていいのかわからないので、

掃除をしたくても出来ない方もいるでしょう。

なので、そんな方の為に、排水口の掃除方法を紹介します。

臭いの原因から掃除方法まで、細かくお教えしますので、

ぜひ参考にしてみてください。

排水口の臭いの原因は大きく2通りある

実は、気になる排水口の臭いは、

掃除をしても臭いが残ってしまうこともあります。

そんな頑固な臭いがなぜ排水口から出てくるのでしょうか?

原因は大きく2つあります。

1)長時間水を流していなかった

水が腐って臭いが充満していると思う方がいますが、

それは間違いです。

水を流していない時間があればあるほど、

水が乾いてしまいます。

水が乾くとカビが繁殖したり、

ヘドロになることで、臭いが出る原因になるのです。

2)パイプのつなぎ部分に隙間がある

洗面台には、水を流すと下に流れるように、パイプがあります。

そのパイプと床から出ている塩ビ管の間に隙間があると、

水が漏れている可能性があります。

その水漏れから臭っていることが原因です。

水漏れはしていなくても、

ちょっとした隙間から臭いが直接出てしまい、

そこから空気上に伝わっている可能性があります。

しかし、排水口は、臭いが上に上ってこないような設計になっています。

↓↓↓排水口の写真はこちら↓↓↓

S字のような曲線になっているため、

水を溜めることで乾燥を防ぐようになっているのです。

なので、もし臭いがしたら

「水を流すこと」を先にしてみましょう。

原因を元から絶つ掃除方法

臭ってきた場合、少しでも臭いを残さないようにするためには

どのようにすれば良いのでしょうか。

元から臭いがしなくなる掃除方法をお教えします。

①まずは排水口周りの掃除をする

排水口の入口部分にヌメリがある場合があります。

細かい部分なので、ちょっとでもキレイになると

臭いがなくなることもあります。

②排水口用パイプ洗剤を使う

洗剤にもいろいろありますが、

パイプ用の洗剤があります。

それを使えば、見えない部分の溜まった

髪の毛やカビ、ヌメリを一気に落としてくれます。

↓↓↓オススメ排水口用洗剤はこちら↓↓↓

③仕上げにお酢+重曹を使う

手順としては、

1、重曹を排水口の中に直接ふりかける。(水で薄めなくて大丈夫です)

2、続けてお酢を入れる。

3、泡が出てくるので、そのまま30分ほど放置する。

4、お湯を流す

化学反応で起きた泡が、

パイプの細かい汚れを取ってくれます。

このように定期的に掃除していれば、

臭いがしなくなります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg
価格:295円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


まとめ

臭いが敏感な人は、気になってしょうがないでしょう。

完全に臭いがしない状態にするには、

やっぱり毎日の掃除が大切です!

臭いをなくしてスッキリする毎日を過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。