フライパンのコーティングが剥がれる!?種類と特徴に応じて選ぼう

スポンサードリンク

今日の料理の献立はこれにしよう!

と毎日考えるのが当たり前なそこの奥さん!

料理をするときにお困りなことはありませんか?

お肉を焼くときに毎回焦げてしまう・・・

そんな時に使っている道具といえば「フライパン」です。

せっかく高いお肉を買ってきたのに、

お肉が台無しになって

へこんだことのある人もいるでしょう。

そのフライパンなぜ焦げてしまうのか?

と疑問に思いますよね。

フライパンをよく見ると、

実はコーティングが剥がれているのです。

コーティングがあるのとないのでは、

料理の出来栄えと美味しさに違いができてしまいます。

なのでまずは、フライパンのコーティングについて

詳しく知る必要があります。

知れば料理が今まで以上に必ず楽しくなります!

では、なぜそんなにコーティング大事なのかをまとめましたので、

ぜひご覧になってください!

フライパンに施されたコーティングの種類と特徴を紹介

フライパンにもたくさんのコーティングの種類があります。

フライパンの種類をそんなに持っていない人もいるでしょう。

コーティングにも種類があるんだ!

と初めて聞く人のためにも、違いについて詳しく説明します。

テフロン加工

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

https://item.rakuten.co.jp/goodlifeshop/mey28684/

スーパーなどで比較的安く売られている

定番のフライパンです。

焦げ付きにくく、くっつきにくいのが特徴。

弱火でじっくり火を通す料理に最適なフライパンです。

弱点な部分があり、使えば使うほど、

傷つきやすく、寿命が短いため、

炒め物には不向きな点があります。

ダイヤモンドコート加工

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

https://item.rakuten.co.jp/manmaru/21004744?scid=af_pc_etc&sc2id=af_109_1_10000237

ダイヤモンドが細かく表面に散りばめられて作られたフライパンです。

固いダイヤモンドが表面に使われていることで、

ヘラで何度もこすって使っても、

傷が付きにくく出来ているのが特徴。

弱点があり、強火で料理をしてしまうと、

表面を痛めてしますので、

寿命が短くなる原因になります。

チタン加工

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BCWTXDY/360life0a-22/

表面がすごくツルツルなので、

炒め物をしてもこびりつかない、

耐久性抜群であるのが特徴。

薄い卵焼きを作っても、全くこびり付かず、

スルッとお皿に載せることができます。

それだけではなく、お皿にのせても料理がすぐに冷めないため、

美味しくいただくことができます。

弱点は、料理をする際にすぐに熱が伝わりにくいので、

少々料理に時間がかかるかもしれません。

セラミック加工

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

https://item.rakuten.co.jp/marumoto/ph-2467/

耐熱性と硬さが特徴。

耐熱温度が石窯と同じ400度以上と言われています。

熱が十分に料理全体に行き渡ってくれるので、

中が生だった!と思うことなく、

安全に料理ができます。

表面が非常に固いセラミックを使用しているため、

硬さもあり丈夫に作られています。

セラミック加工フライパン=焦げないフライパンとして、

料理をキレイに仕上げてくれます。

フライパンを長持ちさせるためにはメンテナンスも重要

フライパンのコーティングが剥がれる度に、

毎回購入していてはお金がピンチになります。

かといって、フライパンを長く使いたいけど、

どうやったらいいのかわからない・・・

という人もいるでしょう。

フライパンにも人間と一緒で、寿命があります。

使えば使うほど、年を取っていくので、

寿命を伸ばすためにも、メンテナンスが必要なのです。

メンテナンスをすれば、2~3年だったフライパンが、

30年、40年と長く使うことができるのです。

そのメンテナンス方法はこちら!

①コーティングが剥がれる原因になるので、強火調理をなるべくしない!

②フライパンが完全に冷めてから、洗うようにする!

③使用後は油を塗る

④固くないフワフワなスポンジで汚れを落としてから、片付ける!

ちょっとしたことですが、

これだけで充分、長く使うことができるのです。

日々のメンテナンスが重要ですよ。

まとめ

フライパンについてこんなに知ったことはないんじゃないでしょうか。

私自身もフライパンは使えなくなったら、

買えばいいか!と思っていたので、

まさかメンテナンスをすれば何十年と長く使えるとは

思いもよらなかったですからね。

頑張ってケアしたフライパンは愛着がわくものです。

愛着のあるフライパンで美味しい料理を作りましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。