夫婦の布団はどのサイズが最適!?布団選びの方法

スポンサードリンク

毎日グッスリ寝れていますか?

仕事で疲れすぎて、熟睡は難しかったり、

家事や買い物でバタバタして疲れてるのに、

なぜか浅い眠りになってしまうこともあるでしょう。

特に新婚の夫婦の方は、

今まで1人で寝るのが当たり前だったのが、

旦那さん、奥さんと一緒に寝ることで、

慣れるまでちょっと違和感を感じているかもしれません。

また、布団のサイズもシングルサイズを今まで買っていたのが、

2人分だとどれくらいの布団のサイズを買えば

グッスリ快適な睡眠ができるのか、わかりませんよね。

毎日すぐに眠りたい!2人で熟睡したい!

と感じている新婚夫婦のためにも、

どの布団が快適に過ごせるのかを、まとめてみました。

布団選びに必要な知識をお教えします。

どうぞご覧ください。

ベッドのサイズに合わせる

新婚夫婦は2人で寝ることが多いのですが、

快適に寝ることができる布団サイズとはどのサイズなのでしょうか。

サイズは大まかに、

シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズがあります。

そしてまず、大事なのは

「それぞれのベッドサイズと同じサイズに合わせること」です。

メリット

布団のフワフワ感を肌で感じることができ、

熟睡できる布団の重さで快適な睡眠時間を送れます。

ベッドサイズだと布団が下に落ちることも少なくなるのです!

寝相にもよりますが・・・。

デメリット

小さいベッドに大きい布団を合わせてしまうと、

布団がベッドの横から垂れ下がってしまい、

重さを感じてしまいます。

重さがあると、気になるだけでなく、

寝苦しくすぐに寝ることも難しくなってしまうのです。

ベッドのサイズがたくさんありますが、

新婚さんだったら、ダブルサイズで同じ布団に寝るのが良いかもしれません。

せっかくだから一緒に寝たいですもんね。

しかし、旦那さんが早く起きなくては行けない環境だった場合、

布団が一緒だと毎回一緒に起きてしまうかもしれませんよね。

その場合は、

シングルサイズを2つくっつけて布団を別にしておけば、

起きる心配もないですし、

旦那さんも気を使わずに済みます。

夫婦の寝やすい布団は何か?寝やすさを求める

快適に寝られるようにするにはサイズもありますが、

布団の種類によっても寝やすさが異なります。

羽毛布団

軽さが一番あり、保温性もかなり高いです。

値段も100万円近くあるものまである布団なので、

高ければ高いほど保温性も高くなります。

子どももグッスリ寝られるため、

一番多く使われている布団です。

木綿布団

昔からある布団で、肌触りがすごく良いです。

食物繊維を使用していることで、

体に優しい仕上がりになっています。

しかし、羽毛布団と比べると重さが少しあるため、

寝心地を考えるとデメリットになります。

羊毛混布団・ポリエステル布団

ホームセンターによく売っている布団で、

低価格で買える布団です。

低価格なため、温度調整が難しく、

暑い時は暑い、寒い時は寒くなるのがデメリットです。

羊毛布団

低価格で買うことができ、保温性がかなり高いです。

しかし、少し重さがあるため、

血行が悪くなったり、

寝心地が悪くなる心配があることが、デメリットです。

まとめ

どうでしたか?

布団は毎回買うものではないので、

慎重に検討したいですね!

2人でじっくり、ゆっくり考えてみましょう!

旦那さんと一緒に快適な睡眠時間を過ごせると良いですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。