食洗機の寿命は10年位!?ビルトイン型のものは運次第

スポンサードリンク

肌がカサカサになる季節になりました。

毎日食器を洗っていては、

手荒れが気になってしょうがないですよね。

また食器洗いは苦手です!という方も多いでしょう。

今は便利な食洗機があり、

皿を入れれば勝手にキレイに洗ってくれる優れものであります。

食洗機は水に触れるため、すぐに錆びたり、

表面がはげてくるのが早いと言われています。

冷蔵庫など他の家電に比べると寿命が短く、

平均的に約10年が使用期間となっています。

私の実家の食洗機もちょうど10年で壊れてしまいました。

キッチンに直接付いているビルトイン型は

使用具合によって、いつ壊れるかわからないものでもあります。

そんな食洗機がもし故障したらどうしたらいいのかと、

今後のことを考えるとわからないことが多いと思います。

今回は、食洗機が故障した場合の対応を紹介しますので、ご覧ください。

基盤が故障したなら命取り

食洗機は2種類あって、

コードが付いているボックス型

キッチンの下に直接付いているビルトイン型があります。

ボックス型

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

ビルトイン型

↓↓↓写真はこちら↓↓↓

食洗機は、長く使っていると、排水パイプ部分が壊れて、

水漏れを起こすことが多いと言われています。

しかし、内部基盤が動かなくなることで

使用不可になることも多くあるのです。

内部基盤は、電源を入れても全部が動かなくなるため、

基盤部分を交換しても、

他の機能装置である、排水や、線が焼けていたりすると、

何年かしてから、またその部分を交換しなくてはなりません。

そうなると、お金の無駄になります。

私の友達の食洗機は、排水パイプから水が漏れてたため、

業者に頼んだら、30000円近くかかったと言っていました。

基盤部分を交換したとしても、今後故障した時の交換には、

また同じように費用がかかることになります。

基盤が故障した場合は、

その部分だけを交換するということは厳しいかもしれません。

代わりのビルトイン洗浄機と交換OK!

寿命を迎える10年近く使っていた食洗機は、

部品自体を交換するのもいいですが、

毎回取り替えるよりは、

食洗機自体を取り替えたほうが良いかもしれません。

実は、キッチンの下の横幅が45cmがあれば、

元々ビルトイン型食洗機が付いていなくても

工事して付けることが可能なのです。

ボックス型食洗機が故障したら、

ビルトイン型に交換してもらうという考え方もできます。

ビルトイン型に交換した場合

「ディープタイプ(キッチン天面からフロア)」

「コンパクトタイプ(収納キャビネット引き出しの上)」があります。

まずは、どちらにするのか決める必要があります。

それによって、費用が異なるので注意してください。

会社によっては、

取付工事費+保証+既存食洗機の廃棄も込み

でしてくれるところもあります。

廃棄だけでもお金がかかってしまうので、

とても助かりますよね。

工事費を減らしたい方は、

自分で取り付けることも出来ますので、

パイプのズレで水漏れが無いよう注意しながら、

取り付けましょう。

まとめ

大家族や3世代で暮らしている方など、

毎日食器を洗うだけでも時間がかかると思います。

少しでも家族との時間を過ごして欲しいので、

食洗機が故障した場合、お役に立てれば嬉しいです!

食洗機は生活の一部ですので、大切に使っていきましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。