衣類がカビ臭に汚染されている!?臭いを除去する方法

スポンサードリンク

そろそろ冬が本格的になって寒くなってきました。

衣替えはもう済んだとは思いますが、

夏に使わなかった服をたくさん出す時期でもありますよね。

クローゼットの奥深くから取り出してみると、

「あれ?何か臭う!」と

今まで放置していた期間のいやーな臭いを感じたことはありませんか?

それはカビ臭です。

何も手入れをしないでそのまま放置していると、

カビ臭が繁殖し過ぎて、

ついには着れなくなる場合もあります。

私もせっかく高い値段で買ったコートが

カビになって大変な経験をしました。

すごくショックを受けた覚えがあります。

そんな経験をしてほしくないので、

カビ臭の原因を知ること対策をきちんと行うこと

この2つを細かくまとめましたので、

ぜひご覧になって、毎年キレイな服を着ましょう!

カビ臭の原因と思われる3点を解説

いざ着ようとしたら、なんだか臭うカビ臭ですが、

一体原因は何があるのか?

原因だと思われる3点を挙げてみました。

①衣服を置いている場所に湿気が多くある

衣服が密集しているクローゼットやタンスの中は、

湿気が多くなります。

湿気が多いと、水分が衣服についてしまい、

カビが繁殖する原因になるのです。

室内に湿気が多いと、壁にカビができてしまうように、

湿気が多い場所には、カビが繁殖することはどこも同じです。

また、衣服によって繊維が異なり、

一回付いた臭いが消えない場合があるので、要注意です。

②洗濯をする際の洗濯槽にカビが繁殖している

普段洗濯することだけに意識がいってしまうことが多いでしょう。

実は、洗濯機の中がカビだらけになっていることで、

そのまま洗濯をしてしまうと、

余計に臭いが付いてしまう原因になります。

洗濯洗剤を使っているから洗濯槽は大丈夫だと思いがちですが、

水分が多い環境なので、

カビがすぐに繁殖してしまうのです。

③乾かすだけで臭いが出てしまう

先ほどの洗濯槽にカビが付いているまま、

洗濯をしてしまった洗濯物を干すと、

カビ臭が出てしまう原因になります。

それだけではなく、カビが洗濯物に移ってしまったり、

衣服の汚れが残っていたりすると、カビ臭が出てしまうのです。

それに加え、天気が悪く外に干せない場合は、

部屋干しをしますよね。

日が当たらない場所に干すだけでも、

完全に乾かない服をそのままにして置くだけで

カビ臭になる場合もあるのです。

これでカビ臭はおさらば!予防方法とは?

では、カビ臭を繁殖させないようにするためには

どのようにしたらいいのでしょうか。

予防法はこちらです。

①キレイな洗濯槽で洗濯をする!

洗濯槽洗剤でキレイに洗濯槽の汚れを取ります。

そのあとに、カビ臭がする衣服をキレイに洗います。

臭いがヒドイ場合は、

1時間程つけ置きして洗濯をすれば、

良い匂いのまま洗われます。

洗えないコートなどは、

クリーニングに出すことがてっとり早いです。

②洗濯物は部屋干しではなく外に干す!

干す時は、外に干すことが重要です。

日に当たらせることが最適ですが、

曇りの場合で日が出ないときもあるでしょう。

その場合でも外に干します。

外の空気に当たれば、

湿気の多い衣服になることはありませんからね。

雨の日は、浴室乾燥機で早く乾かすのが良いでしょう。

③クローゼットやタンスに衣服を入れすぎないようにする

衣服が密集していると、

空気が通らないため湿気が多くなります。

クローゼットやタンスの中は、服と服の隙間があるくらいにして、

通気性が良くなるように入れるようにしましょう。

まとめ

衣服が多くあると、一枚一枚に目がいかないと思いますが、

手入れをすればカビ臭はなくなります。

予防するだけでも大変ですが、

カビ臭を無くして、気持ちよく衣服を着れると良いですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。