ズボンを買った時よりも美しく!アイロンの簡単&正しいかけ方と裏技

スポンサードリンク

ジーンズは置いといて、

他人のズボンであれ、自分のズボンであれ、

スラックスなどのズボンのシワ

気にする・気になる方はおられると思います。

特に、スーツ用のズボンのシワは、

ジャケットを脱ぐと非常に目立ち、ちょっと格好悪く、

その人の印象を下げてしまうこともあります。

ジーンズもアイロンをかける方はおられるでしょうが、

ここではスラックス類のズボンに対するアイロンのかけ方

について調査しましたので、ご紹介します。

アイロンの簡単&正しいかけ方

スラックスにアイロンをかける方法について

・用意するもの、

・アイロンの設定温度、

・アイロンをかける手順、

の順に解説します。

<用意するもの>

アイロンがけに必要な道具は以下のものです。

・スチーム付きアイロン

・アイロン台

・霧吹き

・当て布、または、綿の布で代用可

・ハンバー

なお、当て布については、

綿のものであれば、タオルやハンカチでも問題ないです。

<アイロンの設定温度>

スラックスの素材により

アイロンをかける温度が違いますので、

素材に適した温度にしているかどうか、

当て布が必要かどうかを、

洗濯タグの表示で充分に確認してください。

110℃~130℃:

化学繊維(ナイロンやアクリル等)

140℃~160℃:

ウール(当て布が必要)

180℃~200℃:

綿、麻

<アイロンをかける手順>

準備ができたところでアイロンがけに入ります。

アイロンがけしていく順番が重要で、

「腰まわり→腰から裾→裾→センタープレス」

の順に行っていきます。

したがって、この順番に沿って説明します。

▼腰まわりのアイロンがけ手順

1)ファスナーを開ける。

2)お尻側がアイロン台の上になるように、

アイロン台にスラックスを履かせます。

3)当て布を使って、お尻側から軽く押し付けるように

アイロンをかけていきます。

4)スラックスの前部分にアイロンがかけられる程度に

スラックスを回転させます。

5)スラックスの前部分がアイロン台の上にあることを確認して、

当て布を敷いてアイロンがけを行います。

▼腰から裾

この部分でスラックスのアイロンがけの仕上がり具合が決まる

と思ってください。

1)縫い目と縫い目を重ねて、

スラックスの形を整えます。

2)当て布を敷きます。

3)アイロンを少し浮かすイメージで

連続した円を描くように腰から裾に移動しながら、

スチームをかけていきます。

▼裾

1)当て布を使います。

2)スラックスが動かないように片手で押さえます。

3)裾の中にアイロンを入れて、内側からアイロンがけします。

▼センタープレス

最後の決めのセンタープレスです。

1)当て布を使います。

2)片足ずつアイロン台に置き、

折り目を決めるために形を整えます。

3)当て布をしながら、スチームを出して折り目をつけます。

4)スチームで折り目がついた後、

当て布をしてドライアイロンでしっかりかけ、仕上げます。

そして、ちょっと裏ワザ(小ネタ)を紹介

前項の説明でほぼ完璧なのですが、

裏ワザ・小ネタ・ちょっと注意点を書かせていただきます。

ファスナーやボタンに注意

ファスナーやボタンの部分にアイロン面をあてると、

アイロン面のコーティングが剥がれるので、

当たらないように注意します。

ポッコリ出たような膝をビシッ

まず、スラックスを裏返します。

次に、膝の部分を裏からアイロンがけします。

表に戻すと、ポッコリ膝がビシッとなっていると思います。

ハンガー仕上げ

ハンガーにつるし、足りない部分/シワになってしまった部分に

スチームを当てて伸ばします。

毎日のお手入れ

お尻部分とセンタープレスだけの5分間アイロンでOKです。

最後に、スラックスのアイロンがけのポイントをまとめると

以下のようになります。

素材を傷めないために、

素材に適した設定温度で、

当て布を使用する

仕上がりを綺麗にするために、

アイロンがけの順番を厳守する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。