どんな場所にも入っちゃうよ!ズボンのたたみ方&収納テク教えます

スポンサードリンク

スラックス、ジーンズ、チノパンなどのズボン(パンツ)類を

たくさん持っている人は、

結構かさばるので、収納にお悩みのことと思います。

収納するならば、

・見た目は綺麗に、

・取り出しやすく、

・コンパクトに、

・収納場所がすぐわかるように、

といろいろ考えることでしょう。

このようなご要望、何とかならないかと、

ズボンのたたみ方と収納について考えてみましたので、それを紹介します。

たためば良いという訳では無い!どこに収納するかも考えよう

人それぞれに自分なりのズボンのたたみ方を持っているかもしれません。

収納場所というのは大抵決まっていますので、

結構その方法で収納できてしまいます。

しかし、ズボンの数が増えてくると、

収納場所も新たに増えることになり、

その収納場所に入るようにたたむ必要が出てきます。

ここでは、比較的簡単で、コンパクトになるたたみ方

ズボンのタイプ別に紹介します。

<ジーンズ>

基本は、3つ折りにたたむことです。

1)縦に2つ折りにする。

2)股の部分を内側に折り込む。

3)股の部分に合わせて裾を折りたたむ。

4)折りたたんだ下の部分を、ウエスト部に合わせるように2つ折りにする。

さらに、コンパクトにしたければ、

もう2つ折りすると良いです。

また、3)の後で4)をせずに、

折りたたんだ下の部分から丸めてしまう方法もあります。

<スーツ用パンツ>

基本は、生地の折り目に合わせて

裾を折りたたむのがポイントです。

1)センターラインに沿って折り、伸ばしながら広げる。

2)下の裾をウエスト部分にあわせるように2つ折りにする。

3)もう一度2つ折りする。

シワになりやすいので、

生地をしっかり伸ばすことを意識してください。

<幅広タイプ>

1)幅広タイプの前身ごろを表にして広げる。

ボタンやチャックがあれば、すべて閉じる。

2)ズボンのお尻側が表になるように中央で2つ折りする。

3)さらに、中央で2つ折りにする。

4)お尻の出っ張り部分をおさえます。

5)出っ張り部分を押さえたまま、

下の裾をウエスト部分にあわせるように折りたたみます。

よりコンパクトにする必要があるときは、

さらに2つ折りすればよいです。

以上をベースにして、素材、形、長さに適した

コンパクトで綺麗なたたみ方を編み出すこともできるかもしれません。

超コンパクトにたためば、収納でこんなメリットがありますよ

コンパクトかつ綺麗にたたむことによるメリットとデメリットを考えます。

<メリット>

・収納がコンパクトになる。

・ハンガーに掛けられない衣類を一緒に収納できる。

・コンパクトになることで、収納が省スペースになる。

<デメリット>

・たたむのが面倒である。

・たたむとシワになる可能性がある。

・取り出すときに探しにくい場合がある。

いかがだったでしょうか。

少しはお役に立てたでしょうか。

シャツなどに比べてズボンがたたみにくいのは、

ひとえに「お尻の突き出た部分」です。

本文でも書きましたが、

この記事を参考にしていただき、

より良いたたみ方を編み出し発表するのも楽しいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。