なんとかしたい「ものもらい」!原因となるストレスを取り除こう

スポンサードリンク

地域によって「めばちこ」や「めいぼ」などと呼ばれる

「ものもらい」

学術的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」といいます。

目の周りを清潔にしていても

繰り返し「ものもらい」ができてしまうことがあります。

実は、日常のストレスや疲れが関係しているかもしれません。

人生で1度くらいはなったことがあると思います。

あの何ともいえない目が痛がゆい症状は嫌なものです。

それでは、「ものもらい」の原因のひとつである

ストレスや疲れとの関係について考えて見ます。

■まずは小さなストレスから解消しよう!

「ものもらい」の種類は大きく分けると、

・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

・霰粒腫(さんりゅうしゅ)

の2種類です。

そのうち、麦粒腫は「黄色ブドウ球菌」と言われる、

人や動物に常在している菌が原因となる「ものもらい」です。

なお、この菌は人の皮膚表面、毛穴、

特に鼻腔内に多く存在しています。

しかし、免疫力が強い健康な状態の人は、

皮膚表面や鼻腔などで菌が増殖しても

発病にはいたらないことがほとんどです。

問題なのは、免疫力が弱まっているとき

目の傷口やまつげの生え際などから

黄色ブドウ球菌が侵入した場合です。

免疫力が弱まるのは、ストレスや疲れがひとつの原因と考えられます。

したがって、免疫力の強さを維持するには、

日ごろから気をつけて、小さなストレスを残さないように、

休養質のよい睡眠、そして、笑うこと

などを心がけるようにするのが良いでしょう。

■日々の生活でできるストレス発散方法

日々の生活でできる比較的簡単なストレス発散法を6つ紹介します。

・ぬるま湯で入浴

入浴をすることによってリラックス効果が高くなるため、

ストレス発散できます。

特に、ぬるま湯での半身浴をお勧めします。

・笑うこと

人は笑うことで免疫力が30%アップすると言われていますので、

笑うことも良いです。

大きな声なら尚良いです。

・質の良い睡眠

脳がリフレッシュすると、

ストレス耐性が高まり免疫力が上がります。

・趣味などで気分転換

旅行、音楽鑑賞、適度な運動など

あまり深く考えずに自分が夢中になれることをすることで

リフレッシュできます。

ただし、お酒やギャンブルなどは逆効果ですので、避けるのが良いでしょう。

・深呼吸

ストレスや疲れが溜まると呼吸が浅くなるので、

落ち着いて深呼吸をするのも良いです。

・親しい人との会話

友人や家族などの親しい人に

自分が日頃持っている悩みや不安を話してみるということも

ストレス解消におすすめです。

その他にも解消方法があると思いますので、

自分にあったものを見つけてください。

「ものもらい」のひとつの原因として、

ストレスについて考えてみました。

健康な状態であれば他愛のない「黄色ブドウ球菌」も

免疫力が弱まることで感染してしまうことがあります。

目や手を清潔に保つだけでなく、

規則正しい生活と休養を心がけて、

細菌に負けない免疫力をつくるように日頃から気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。